サイクリングショーツでお尻の痛みから解放されよう

スポンサーリンク

サイクリングショーツとはレーサーパンツって言われてるものです。
通称レーパン(以下レーパン)

自転車に乗るウエアと言えばレーパンです。
この機能が無いとロードバイクに長時間乗るのがつらいものになるので初心者の方は早めにレーパンをはくことをお勧めします。

体の線が出るし、ひざ上から足をさらけ出すのは男性でも『今さら足を出せない』って思うものです。
残念ながらロードバイクは足を出した方が走りやすいので勇気を出して足をさらけ出しましょう(笑)
ひざ周りを開放することでペダリングは楽になります。

スポンサーリンク

レーサーパンツ(レーパン)を穿く理由

レーパンにはサドルに座る部分にパッドがついてます。

ロードバイクのサドルは薄く小さく作ってあるので、クッション性はほとんどありません。
慣れるとクッション性が無くてもお尻の痛みに耐えられるようになるのですが、やっぱり痛いのは嫌ですよね。
100㎞とかのロングライドになると、多分パッド無しでは痛みで乗ってられないと思います。
特に初心者だと、サドルに座ってしまうので痛みを感じるまでの時間は慣れてる方と比べると短い傾向にあります。

『サドルに乗るな! ペダルに乗れ!』ってことです。

レーパンに求める性能はパッドなので好みのパッドを見つける

レーパンに求めるのは、ほぼパッド性能と言ってもいいと思います。
もちろん、冬などの気温に対応する性能も重要ですがパッド性能を無視することはできません。

各メーカーもクッション材にジェルを使ったものや反発素材を工夫してユーザーの悩みを解消しています。
どのメーカーのどんなパッドがユーザーに合うのかとはなかなか言えないので、自分に合うものを見つけることになりますね。

有名メーカーのものであれば、走り方(ロングライド・レース)などで目的別のパッドが用意されていたりもします。

また、男性用と女性用でも体の構造が違うので分かれています。

レーパンには普通のパンツタイプと、ビブショーツという2種類があります

Amazon.co.jp: シマノ(SHIMANO) ビブショーツ Shimano春夏用ウェア ECWPAGSRS11ML: スポーツ&アウトドア
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、シマノ(SHIMANO) ビブショーツ Shimano春夏用ウェア ECWPAGSRS11MLを スポーツ&アウトドアストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

ビブはパンツタイプにサスペンダーを組み合わせたようなので、お腹周りを締め付けないのでお勧めはビブショーツです。
ビブショーツだとズレることが無いので背中も出ないです。
普通のショーツタイプで、ズレると背中が出てスースーします。
これが意外と走ってるとストレスになるんです。

もっともビブタイプが優れてるのは肩ひもで吊ってるだけなので、お腹周りを締め付けません。
呼吸が楽なのでいいですね。
『そんなに違うの』って思われるかもしれませんが、そんなに違うんです(笑)

初めて穿く方は意外と思われると思いますが、レーパンは下着を付けずに直に穿きます。
下着をつけてるとペダリングの時の足の上下で擦れて傷ができるので直ばきが基本です。
抵抗があるかもしれませんがすぐに慣れます。

いわゆるアウターの下はノーパンなので心細いんですけどなれます。
インナーショーツと言って、下着タイプのレーパンもあるので抵抗のある方はそういったものを使われるといいかもしれません。
インナーショーツの上に、スポーツ用の短パンを穿きます。

体のラインが出るのがサイクルウエアなので、女性の場合お尻のラインを気にされる方がいらっしゃいます。
大丈夫ですよ。
サイクルスカートってものがあります。

レーパンは使用してると経年劣化で生地が薄くなります。
定期的にお尻の部分を点検して生地が薄くなってたら自宅でのローラー用にしましょう。
お尻が透けて見えちゃいますよ。
特に白い生地は要注意です。

自分に合うサドルを探す旅に出よう

ロードバイクを初めて買うと、最初からついてるサドルでばらく乗ることになると思います。

初心者向けのロードバイクのサドルは、少しクッション材が多めに入ってるものが多いはずです。
当然少し重かったり、デザイン的にポッテリしたイメージがあるので、あとから交換することになるはずです。

お尻の痛みはサドルの形によることも大きな要因です。

新車からのサドルを使い続ける方はまずいません。
ほとんどの方が交換します。

サドルのレビューはネットにあふれるくらいあるので『よさそうだな』とか、『カッコいい』ものをまずは1つ購入してみましょう。
そこからサドル探しの旅が始まります。

まとめ パッド性能だけで痛みは解消できない

レーパンのパッドは非常に重要な役割をしています。
サイクルウエア―メーカーの開発力の最重要ポイントであると思います。

『このメーカーのパッドは全然痛くならない』というものがあれば良いのですが、人それぞれで乗り方などが違うので『これがいい』というものをお勧めすることはできません。

乗っていくうちにお尻の痛みは多く出てくると思います。
そして乗り慣れると痛みはだんだんなくなっていきます。
初心者はまずはお尻の痛みで『乗ってられない』とあきらめる方がいらっしゃいます。

乗り方・サドル交換・レーパンのパッドなど改善できるポイントはたくさんあります。
あきらめずに解決策を探しましょう。

Amazon | [パールイズミ] サイクルジャージ T293-3DNP メンズ | サイクル(自転車) パンツ 通販
サイクルジャージ T293-3DNP メンズがサイクル(自転車) パンツストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント