【初心者必見】ロードバイクを始めたいならこのポイントを押さえろ

スポンサーリンク

ロードバイクブームもここのところ沈静化してきました。
成熟期に入ったというところでしょうか?

でもこれから『ロードバイクに乗ってみたい』 『自転車で速く走ってみたい』 『運動のためにロードバイクに乗りたい』 と思っておられる方もいらっしゃると思います。
そんな初心者さんのために【ロードバイクを買うならここを押さえておけば大丈夫】という部分や、【ロードでこんなことができる】など、数回に分けて記事にしてみます。

今回は【ロードバイク車体編】です。

どんなロードバイクを買えばいいのか?
いくらくらいの予算が必要なのか?
装備はどういったものを用意すればいいのか?

ロードバイクをこれから買おうかな?と考えておられる人に読んでいただければロードバイクへの道筋になると思いますよ。
暖かくなる春はすぐそこに来ています。
ロードバイクを手に入れて春を満喫しに出かけましょう。

スポンサーリンク

ロードバイクかクロスバイクか?

おそらく、ロードバイクとクロスバイクの区別がハンドル形状だけだと思っておられる方も多いのではないでしょうか?
ロードバイクとクロスバイクは全くの別の車種で、共通する部分は『自転車』だというだけです。

クロスバイクの方が安いから買った後でハンドルをドロップ化すればいいんじゃね?
と、思われる方も中にはいらっしゃいます。
でもハンドルを交換しても、クロスバイクはロードバイクにはならないですからね。

それはフレームが違うからです。

フレームの【ジオメトリ】といって、各部の寸法がロードの方が『速く』『』に『長く』走れるように設計されているからです。

クロスバイクで迷わずにロードバイクで検討してください。

ドロップハンドルがつらいとか、やっぱりロードは合わないから『クロスバイクの方がよかったな』と思われたとしても大丈夫です。

ロードフレームのドロップハンドルをフラットハンドルに交換すればフラットロードになってクロスバイク以上の性能のクロスバイクが出来上がります。(費用は掛かりますけど)

クロスバイクは、それ以上先に進めない自転車
ロードは、引き返せばクロスバイクにも変化させることができる
自転車と言えます。

私はクロスバイクを買うのであれば『ママちゃり』の方が実用的なのでお勧めだと思います(笑)

ロードを買うぞっ! でも予算は・・・・?

自転車って3万から5万くらいでも十分高級車ですよね。
ロードって、最低でも15万円くらいします。

超高級自転車なので、購入するにはかなり思い切らないと買えません。
まして乗ったこともなければ、何をどうしていいのかすらわからない方にとってはかなりハードルが高い買い物だと思います。

予算的には、自転車で15万円、その他の用品で5万円くらい用意してください。
総額で20万円です。

この予算内で十分楽しめる自転車が出来上がります。

『たけ~な!』と思われると思います。
みんな初めてロードバイクを買う時はそう思って買っています。

ほぼ100%『こんな高い自転車買ってどうするよ?』『大丈夫か?乗るのか』って自問自答してから購入されています。

普段ママチャリにも乗らないのに『乗るのか?』って思うでしょう。
絶対に乗るから大丈夫です(笑)
むしろ乗りたくなるので心配いりません。

『こんな高い自転車買ってどうするよ』
1年後、あなたの脳内はもっと高い自転車を妄想してるから大丈夫です。
そして、もっと高い自転車を買ってるはずです。

どんな自転車を買おうかな?

ズバリ!金属製を買ってください。

最近はカーボンフレームも安くなってきています。

予算15万円ではちょっと厳しいかもしれませんが、もう少し出せばカーボンフレームは買えます。

ですが、カーボンフレームは扱いが難しいので金属製が絶対にお勧めです。

カーボンフレームは倒したら割れる素材なので、初心者が自転車でコケたときにフレームにダメージがあるとまた買い替えということになります。
その時に買い替えられればいいですけど、そうでなければ自転車に乗ることをやめちゃいますよね。

金属フレームであれば、傷がついたり凹んだりしますが、壊れて乗れなくなることはありません。

アルミかクロモリか

金属フレームがお勧めなのはわかった! じゃぁ、アルミかクロモリならどっち?

ってのもありますよね。

クロモリフレーム = 鉄フレームです。
鉄でできたフレームなので安いと思われるかもしれませんが意外と高いです(笑)

クロモリフレームは玄人志向っぽくて、マニアが乗ってるイメージを持っていただければいいかと思います。
実際はそんなことないんですが、今の時代の世間の目はそういう感じだと思います。

私はクロモリが好きなのでクロモリフレームをお勧めしますが、アルミフレームの方が軽く速く走ることができるので初心者こそアルミフレームです。

ピナレロFP-1

私の一号車はピナレロ FP-1 のアルミフレームです。
16万円くらいで購入してます。

自転車はどこで買う

通販でも買えるロードバイクですが、1台目は実店舗で実際にまたがって決めてください。

ロードバイクを選ぶ上で最も大切な部分はサイズです。

フレーム素材などは2の次です。
まずはサイズを重視しましょう。

大きすぎる自転車は乗れたものじゃありません

いちおう各メーカーにも身長に対するフレームサイズ表というのがあるので参考にするといいですね。
大まかに言うと170㎝の身長なら トップチューブ長530㎜といったような感じです。

手の長さや足の長さでも違うので、店舗で店員さんに相談して決めましょう。

メーカーなどはご自分が『カッコいい』『これが欲しい』と思うものでOKです。

まとめ

たかが自転車で20万・・・マジできついですよね。
多くの人がそう思って始められています。
もちろん多くの人がやめてもいかれています。

ロードバイクは、自転車に乗る楽しみだけではありません。
仲間も増えます。

一人で走っていても、音のない世界で自然の景色を見る爽快感は格別です。
たかがサイクリングですが、サイクリングの楽しさは自転車に乗らないと分からない世界です。

自転車は買ってしまうとお金のかからない趣味です。

お金をかけだすと底なしですが、本当にお金のかからない楽しい遊びです。
おまけに運動もできるし、乗った後で食べる食事の味も別格ですから是非お勧めします。

コメント