シートベルトデータ改ざん 大規模リコールになるか?タカタエアバッグ問題の継承?

スポンサーリンク
シートベルトデータ改ざん 大規模リコールになるか?タカタエアバッグ問題の継承?

自動車の安全装備製造メーカー【ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン】(以下JSSJ)は経営破綻したタカタの事業を引き継いだ会社です。

JSSJの製造するシートベルトのデータが改ざんされている可能性が国土交通省の調査から発覚しました。

まだ確定ではないのですが、本当にシートベルトのデータが改ざんされていたとしたら、国内ではタカタのエアーバッグ問題以上のリコールになるかもしれません。

シートベルトの重要性はエアーバッグとは違います。

シートベルトの重要性と、リコールが出た場合の影響を解説します。

スポンサーリンク

シートベルトが乗員保護装備のエースである

メルセデスのシートベルトギミック
メルセデスのシートベルトギミック

シートベルトは乗員保護で最も重要な装備です。

ダミー人形を乗せた車での衝突実験映像を見たことがあると思いますが、どうしてもエアーバッグが開く方に目が行ってしまいます。

しかし、あくまでもエアーバッグはシートベルトの補助装置です。

エアーバッグが装備されるまでのシートベルトだけの事故では、ハンドルに胸や頭をぶつけてしまい乗員へのダメージがありました。

シートベルトは衝突時に乗員を車外に放り出されることも防いでいます。

衝撃を受けた瞬間に、シートベルトがロックされるわけですが、機械的にロックするのでわずかなタイムラグがあります。

衝撃で少し引き出されたシートベルトと、乗員の重量でハンドルに体を打ちつけてしまいます。

それでも、車外に放り出されることはなく、またハンドルに打ち付けられてもケガの程度はベルトをしない場合よりはるかに小さいです。

エアーバッグはシートベルトのゆるみで、打ちつける体を受け止める補助的な役割でしかありません。

あくまでも保護装置はシートベルトがメインです。

今のシートベルトは『プリセットテンショナー』と言って、衝撃を受けるとシートベルトを少し巻き戻すようにできています。
この機構は、衝撃からベルトをロックするまでのタイムラグを補完するもので、非常に効果があります。

競技車両で使うベルトは完全に固定されていますが、プリセットテンショナーが装備されたものは衝撃を受けるとこれに近い締め付けを実現しています。

リコールになった時の影響はエアーバッグよりも大きい

データ改ざんによって、安全基準に達していないとなると『リコール』となります。

タカタのエアーバッグでのリコールでは、作動を制限することで対象車両を使用することができました。
エアーバッグが作動した時に部品が飛び出して乗員を傷つけてしまうという問題なので、作動制限すれば自動車の使用はできます。

エアーバッグはシートベルトの補助装置なので、作動しなくてもとりあえずは良いという判断ですね。

しかしシートベルトは補助装置ではなく、乗員保護で最も大切な装備です。
『リコール対応まで使用しないで』というわけにはいきません。

どの年式のどういった車種に使われているのか?など詳しいことはわかりませんが、JSSJのシートベルトを使っている自動車メーカーは約4割と言われています。

使用中の車両への対応も急がれますが、製造ラインへの供給にも対応しないとならないので時間がかなりかかそうです。

しかし、乗員保護のための安全装置なので自動車メーカーとしての緊急性はありますね。

あたりまえですが、シートベルトはかなり丈夫に作られています。
シートベルトで自動車の牽引に使うこともできるので、体を保持するだけの強度はあるのではないかと思いますね。

事故の時にシートベルトが切れたという事例もないでしょうから、あまり神経質になる部分ではないと私は思っています。

エアーバッグの場合は、部品の破片が飛び出すということが原因の事故であったので、製品自体が危険だったのですが、シートベルトが原因で事故が起こるわけではありませんからね。

JSSJが声明を発表

JSSJが今回の問題に関して声明をHPで公表しています。

当社は、現在、各試験・製品毎に、20年にわたる期間(以下「調査対象期間」といいます。)の入手可能な関連データを収集し、検証しております。調査は現在も進行中であり、当社は、迅速に本件を解明するよう注力し、原因を究明するとともに適切な対応策を実施して参ります。なお、現時点で、調査対象期間における対象製品の不具合は確認されておりません。

ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン株式会社 HPより引用

調査対象期間の20年のデータで、期間中の全手の製品ということになると国内の約4割が対象になります。

エアーバッグと並んで大きなリコールに発展するかもしれません。

ご自身の車も対象になるかもしれないので、シートベルト問題には少し注目しておいた方がよさそうです。

まとめ

乗員保護のかなめであるシートベルトにリコールが出る可能性があることが国土交通省の調査から発覚しました。

エアーバッグはシートベルトの補助装置なので、作動停止できますがシートベルトは装着しないということはできません。

改ざんされて強度がどの程度なのかはわかりませんが、シートベルトで命が守られているということは間違いないので必ず装着してください。

シートベルトは、自動車の牽引でも切れないほどの強度があります。
たとえ強度不足だとしても、車外に放り出されるということは防げるはずです。

リコールになれば交換してもらえるのは間違いないので、あまり心配せずこのニュースの続報を注意深く見守っていこうと思います。

コメント