【ロードバイク】チェーンの構造 伸びるという意味

スポンサーリンク

チェーンは
アウタープレート × 2
インナープレート × 2
ローラー × 2
チェーンピン

この4点を繋ぎ合わせて構成されてます。

スポンサーリンク

チェーンが伸びる意味を知る

『チェーンが伸びる』と言う言葉を良く使います。

私もこういうのですがこれは正しくありません。
正しくは『チェーンが磨耗によってクリアランスが広がる』と言う言い方が正しいです。

これを略して『チェーンが伸びる』でOKです。

『伸びる』と言うと『チェーン自体の長さが変わる』と思われがちです。
まるでアウタープレートとインナープレートを人間の力で引き伸ばしてるように聞こえますよね。

人間の力で金属の板を伸ばすなんてできません。
微妙に伸びてるかもしれませんがほぼ伸びません。

でも使い古したチェーンは長さが変わってますよね。

なぜ?

画像を良く見てください。

インナーリンクプレートの内側、ローラーがはまるように出っ張りがあります。
この出っ張りにローラーがハマってフローティング(自由に動く)状態になってます。

自転車に乗ってチェーンを回すと、このローラーはギヤに合わせて回転します。
その回転摩擦によって、ローラーとリンクプレートの出っ張りが磨耗します。

ローラーのクリアランスが増えるとチェーンの長さが変わります。
たとえば100リンクのチェーンを使った自転車があるとします。
2リンクで2個のローラーを使ってます。
このローラーが0.01mm擦り減ったとすると全体で1mm長くなりますね。

これが『チェーンが伸びる』と言うことです。

古いチェーンは、チェーンピンに直接ローラーがフローティングさせてあったのですが、インナーリンクのこの加工はチェーンの耐久性を上げる意味で大きな進歩です。

構造がわかればメンテナンスの方向性が見える

ローラー&インナーリンクの磨耗がチェーンが伸びる原因だと書きました。

われわれユーザーがチェーンを長持ちさせる方法はもうお分かりですよね。

チェーンを洗うことです。

ローラーとインナーリンクの摩擦を減らすことをすればチェーンは長持ちします。
チェーンを洗う頻度を上げて、新しいオイルが常にローラーの中にあることです。

ローラーの中に砂などが入るとガリガリ削るので最も良くないことがわかります。
チェーンを洗う・新油を挿す・砂が付着しないようにオイルをきれいにふき取る。

これだけでチェーンの耐久性は格段にあがります。

チェーンのメンテナンスは Wako’s パーツディグリーザーがお勧めです。

チェーンが切れたときの対処法

チェーンが切れたときの対処法』で「必ず新しいチェーンに交換すること」「繋いだ場合、再び切れる可能性が高い」と書きました。

理由を説明したいと思います。

画像を見ていただくといちばん下に細い針金のような輪っかがありますよね。(6個あります)

6個あるので、今回は6回チェーンを切ってます。

これは、チェーンピンのカエシがちぎれて外れたものです。

チェーンピンは、メーカーが製造過程で両端をカシメてます。
それによってアウタープレートが外側に開く方向に動かず、チェーンの耐久性を上げてます。

チェーンカッターで切ると、このカエシがアウタープレートに押し込まれたときに千切れてしまいます。
カエシの無いチェーンピンからアウタープレートは外側に広がることによって外れる可能性がかなり高くなります。

チェーンが切れたときの応急処置をしたときは慎重に走行し、必ず新品チェーンに交換してください。

新品チェーンは長さを合わせるために切りますよね?

ではどちらを切るかご存じですか?

切るのはアウターリンクですよ。

理由を説明します。

【新品チェーン】アウターリンクを切る理由

新品チェーンは、アウターリンクとインナーリンクがあります。

長さを合わせる必要のない116リンクだったり114リンクが適正な長さであれば切る必要はありません。
ですがほとんどの場合切らないといけないと思います。

では、インナーリンクとアウターリンクのどちらを切るかというとアウターリンクを切ります。
アウターリンクを切るというのは、もともとのアウターリンクを切らずに、切った側がインナーリンクになります。

つまり【インナーリンクを作る】と思った方がいいですね。

シマノのマニュアルには書いてないですが、カンパニョーロは指定してます。

新品のアウターリンクを使いたい

アウターリンクを切ってインナーリンクを作ります。
こうすることで新品のアンプルピンは新品のアウターリンクに圧入されます。

逆に、インナーリンク側を切ると今までチェーンピンが入ってたアウターリンクを使います。

これで理由は明確にわかりますよね。

チェーンピンが入ってた方は、わずかですがアウターリンクのピンホールが広がってます。
アウターリンクを切ったインナーリンクのピンは圧入されてるわけではないので、ピンの影響は全くありません。

つまり、インナーリンクもアウターリンクも工場から出てきたチェーンと同じ状況にあるということです。

まっさらなピンホールにアンプルピンを圧入するのと、いわゆる中古のピンホールにアンプルピンを圧入するのでは前者の方が強度が上がります。

これがすべての理由です。

使っていたチェーンを切って再利用する場合

シマノの場合は【アンプルピンの場所を避けて切るようにしてください】とマニュアルにはあります。
つまり、再利用する場合のことも含めたアンプルピンの太さになってるということです。

このことから私は、初めから圧入してあるチェーンピンよりアンプルピンがわずかでも太く作ってあると推測します。
アンプルピンを抜いて同じ太さのアンプルピンを圧入するとアウターリンクのピンホールに対して適正な圧力で圧入されないことになります。

チェーンピン部分を抜いてアンプルピンはそのまま残して運用しろということになります。

この場合の確実な再使用法はミッシングリンク(クイックリンク)

使ってたチェーンを再利用する場合は、上記の方法でやっても運用に問題はありません。

私はこの方法でトラブルになったことはないです。
ですが、いちばん確実な方法とすればミッシングリンク【クイックリンク】を使う方がいいと思います。

その場合は、インナーリンクどうしにしないといけないので1リンク切る必要がありますね。
どうせ切っちゃうなら、アンプルピンを切っちゃってもいいのではないかと思います。

個人的に私はミッシングリンクは使いません。
なぜなら、外せるものは外れる可能性があると考えてるからです。

『外れないよ』とよく言われますが、外せるので外れると思うのです。

まとめ

チェーンの構造を理解すれば、どういう風にメンテナンスをすればいいのかがわかると思います。

私がいつも『とにかく洗うこと』ということが理解してもらえたのではないかと思います。

チェーンをつないでるチェーンピンにはカエシがあります。
一度抜くとカエシが外れることを覚えておいてください。

『チェーンは伸びない』摩耗して減ってます。
摩耗を最小限にするためには洗うことと注油が大切です。

チェーンの外側についたオイルはふき取りましょう。
砂がついてローラーの間に入り摩耗を早めます。

何度も言いますが『洗う』『オイルを挿す』『よくふき取る』 以上が長持ちさせるコツです。

コメント