安くなる! 自賠責保険料が2021年度から6.7%の値下げ

また自賠責保険料が値下げになります。

今回は6.7%の値下げ。

前回の値下げは昨年の4月でした。

値下げから1年でさらに値下げするのは、私の経験ではなかったことです。

4月以降に車検を控えてるユーザーには朗報です。

金融庁の審議会は18日、自動車やバイクの所有者に加入義務がある自動車損害賠償責任保険の保険料を2021年度から全車種平均6.7%値下げすると決めた。

一般社団法人共同通信社より引用 https://this.kiji.is/723805724183740416?c=39546741839462401

自賠責6.7%の値下げでいくらになるのか?

現在の自賠責保険料から6.7%の値下げで、いくらぐらいになるのか計算してみました。

1円単位は切り捨てています。

保険料は正確ではありません。

まだ、6.7%の値下げという情報しかないので、今後変わる可能性があります。

車種契約期間2020年度料金値下げ額2021年度改正後
普通自動車24か月21.550円約1.440円20.110円
軽自動車24か月21.140円約1.410円19.730円

昨年は4.000円くらいの値下げでした。

16%くらいです。

今回はそこまで大きな値下げではないですが、安くなるのはありがたいですね。

車検の時の諸費用としての保険料は【2万円】と考えておけば間違いないでしょう。

原付きなど2輪車の自賠責保険料

2輪車の保険料も6.7%で計算してみましょう。

車種契約期間2021年度料金値下げ額2021年度改正後
原動機付自転車24か月8.950円600円8.350円
軽二輪自動車(126㏄~250㏄未満) 24か月10.160円680円9.480円
小型二輪自動車(251㏄以上) 24か月 9.680 円640円9.040円

改正後の金額は正しくはないかもしれません。

2月末には正確な金額が発表されると思います。

まとめ

2021年度から自賠責保険料が6.7%値下げするという情報が入ってきました。

自動車では24か月で約2万円となります。

4月以降に車検を受けられる方にはうれしい情報ですね。

コメント