スポンサーリンク

プロテインを飲むタイミング 【マイプロテイン】

プロテインはスポーツをする人や、ムキムキマッチョな人だけが飲むものだと思っていませんか?

プロテイン = 良質なタンパク質はスポーツをする方だけでなくすべての方に必要な栄養補助食品です。

スポーツをする方はもちろん、そうでない方もプロテインで丈夫な筋肉を維持しましょう。

でも『飲むタイミングが分からない』という方も多いと思います。

いつのめばいいんだろ?

プロテインが筋肉にとっていいのはわかるけど、飲むタイミングが分からないという方に『プロテインを飲むベストタイミング』を記事にしました。

活動的な体・丈夫な筋肉のために『プロテインを飲むタイミング』を参考にしてください。

プロテインが血中にアミノ酸として放出されるまでの時間を知ることで『飲むタイミング』を理解することができます。

  • ホエイプロテイン 60分~
  • ソイプロテイン 数時間~

素早く吸収したい → ホエイ(動物性)
ゆっくり吸収したい → ソイプロテイン(植物性)

結論!

運動直後は30分以内
運動前に飲むのもおすすめ
栄養の補助として食前食後に
寝る前の1時間前に飲むといい
朝食をプロテインに置き換えるダイエット

初めての方限定!
『マイプロテイン』よりホエイプロテイン1Kg 1.890円、送料無料のいコードをいただいています。

初めてマイプロテインをご利用の方専用コード 【1890】

運動後のゴールデンタイム 30分~45分  筋肉の修復

筋肉の修復にはプロテイン
筋肉の修復にはプロテイン

吸収の早いホエイプロテインがおすすめ。

筋肉が傷つく原因は激しい運動や間違った体の使い方です。

筋肉を酷使するとタンパク質が奪われ、筋肉が傷つき弱くなってしまいます。

傷ついた筋肉は自ら修復しようとしますが、その時に必要なのが『タンパク質』。

修復を始める段階でタンパク質が体の中にないと、筋肉は筋肉を分解して修復しちゃいます。

せっかくの筋肉を分解されてはマズイですよね。

だから運動後はプロテインを飲む必要があります。

運動後に筋肉が必要とするタンパク質を取るタイミングは?

30分~45分までに必ず飲みましょう。

もちろん、45分より後に飲んでも飲まないよりいいのですが、筋肉の修復で効率的なのは45分までです。

運動後は必ずプロテインを飲む習慣をつけるようにしてください。

強い筋肉を作る、維持するためには必要です。

傷ついた筋肉を素早く修復させるためには、吸収の早いホエイプロテインがおすすめです。

運動前に飲む 筋肉の分解を防ぐ

スポーツの前にプロテイン
スポーツの前にプロテイン

ホエイでもソイでもどちらでもOK 。

運動後にプロテインを飲むのは、傷ついた筋肉の修復に必要なのは理解できますよね。

筋肉が傷つくのは運動後でしょうか?

違いますよね(笑)

運動中は筋肉をいじめているわけですから、すでに傷ついています。

筋肉はスポーツをしている間に壊れ、体を動かすのをやめた時から【修復】なんてことはしていません。

運動している間も傷ついた筋肉は修復をしています。

タンパク質が不足していると、運動後と同じように健康な筋肉からタンパク質を取られちゃうんです。

筋肉を分解されないために、運動前にタンパク質を十分に体の中に補充しておかなければいけないということですね。

運動前にはプロテインを飲んでおきましょう。

水ではなく牛乳や豆乳などで割って飲めば、腹持ちがいいので『ハンガーノック』になりにくいですよ。

運動中の長時間では吸収スピードをあまり気にする必要はありません。

良質なタンパク質が体の中にあればいいので、ホエイでもソイプロテインでもどちらでも効果はあります。

就寝前に飲む 寝起きに飲む ダイエットや筋肉の増量に効果的

ダイエットにプロテイン
ダイエットにプロテイン

ホエイプロテインよりもソイプロテインがおすすめ

就寝前にプロテイン・・・やってはいけないことのように思いますよね。

「寝る前のプロテインは太る」説がありますが、太る要因は摂取カロリーが多ければ太ります。

寝る前のプロテインが効果的だからと、たくさん飲めばカロリーが多すぎて太ってしまいます。

寝る前のプロテインがいい理由は『成長ホルモン』です。

就寝時は成長ホルモンを脳下垂体から大量に分泌しています。

成長ホルモンは筋肉を増やす役目もあるので、筋肉 = プロテイン となるわけです。

成長ホルモンが大量に出て『これから筋肉を増やすぞ~~』って時に、元となるたんぱく質が少ないと成長ホルモンは空振りしてしまいます。

このことから、寝る前のプロテインは筋肉の増量に適しているといえます。

では、寝る前に飲むタイミングは?

1時間前を目安に飲むことをおすすめします。

寝る直前に飲むと、胃に負担がかかってしまうので1時間前が適しています。

やせ型の体系の方は特に就寝前のプロテインがおすすめですよ。

食べても太らないという、体重増の人間からしたらうらやましいあなたはぜひ就寝前のプロテインで筋肉を増やしましょう。

太る体質の方の場合、夕食の量を少し減らしてはいかがでしょう。

夕食を減らすと寝る前におなかがすくはずです。

就寝前にプロテインを飲めばトータルのカロリーを維持しつつ、成長ホルモンによる筋肉の増量も期待できます。

寝ている間は6~8時間の長時間になるので、ゆっくり吸収されるソイプロテインがおすすめです。

寝起きにもプロテイン

さっさと吸収して筋肉に栄養を与えるホエイプロテインがおすすめ。

就寝前に成長ホルモンによる筋肉の増量のためにプロテインでタンパク質を補給しましたよね。

寝る前に飲んだプロテインのタンパク質は朝までに使いつくされています。

使いつくされたタンパク質は補給しなければいけません。

朝食は一日の中で最も大切な食事と言われています。

そこで寝起きの【プロテイン】で良質なタンパク質を補給しましょう。

プロテインは栄養が豊富なので、朝食替わりに飲めばダイエットにも役立ちますよ。

水で割るとお昼までにはおなかがすいてしまうと思います。

牛乳や豆乳で割って飲めば、腹持ちがいいです。

朝は体内の栄養や水分が枯渇している状態。

素早く吸収しタンパク質を補給できるホエイプロテインがおすすめ!

食前や食後に飲む ダイエットや栄養補給

食後のプロテイン
食後のプロテイン

食事をきちんととっていても、タンパク質は意外ととれていないものです。

不足しがちなタンパク質は食事以外で補給する必要があります。

とくに高齢者は、食事の量自体が減る傾向になるのでタンパク質不足の方はかなり多くいらっしゃいます。

たくさん食べれないから

高齢になると体が細くなりますよね。

筋肉量が減っているからです。

食事の前後にプロテインを取り入れると理想的な栄養補給ができるのでおすすめです。

食前にプロテインを飲むのもおすすめですが、そのせいで食事がきちんととれなくなると困りますね。

プロテインって意外とおなかにたまるんですよね。

食事がきちんととれないのは本末転倒なので、「ご飯が食べられなくなる」という方は食後のプロテインがおすすめです。

プロテインはいろいろなフレーバーがあるので、お好みのフレーバーならデザート感覚で飲むことができます。

チョコレートやバニラならシェイクを飲んでる感覚なので、しっかりと食事をとったあとでも飲むことができるハズ。

プロテインを飲むタイミング まとめ

プロテインのタンパク質はすべての人に必要な栄養素を多く含んでいます。

効率的に飲むタイミングがあるので『習慣化』して、積極的に取り入れると健康にすごせます。

高齢者の方は特におすすめです。

肉や魚を多く食べる若い方に比べて、食事そのものの量が少ないのが高齢者なのでプロテインでタンパク質の補給が必要です。

あなたのご両親はいかがですか?

しっかりと食事でタンパク質をとることができていればいいのですが、もし不足しているようならプロテインをおすすめしてみては?

食後や就寝前のプロテインは、筋肉を維持し増やすタイミングとして優れています。

スポーツ後は30分以内、寝る1時間前や食前食後にプロテインを飲んで筋肉の成長を助けましょう。

朝食をプロテインに置き換えるとダイエットにも効果があります。

プロテインを買うなら【マイプロテイン】がおすすめです。

種類も豊富ですし、何といっても価格が安い!

コメント