WPテーマ Cocoon のバージョンアップでの画面に表示されない不具合が発生

スポンサーリンク
アイキャッチ

WPテーマの更新通知が入ったので更新しました。

【バージョン 2.2.1.8】へのバージョンアップです。

いつものように何も問題なく更新が完了したので、新しい記事をアップロード。

確認しようとアクセスしたら真っ白の画面に(汗)

マジかっ!

ということで、テーマを古いものに書き換えてみましたがそれでもダメ。

お手上げ状態の始まりです(笑)

7月22日 追記
結論: Autoptimize はCocoonの高速化機能を使えば必要ないということでプラグインを削除しました。

スポンサーリンク

バージョン2.2.1.8で画面表示されなくなった時の対処法

作成者の「わいひらさん」が現在頑張って解決してくれていますが、それまでの間のページの表示方法です。

プラグインの【Autoptimize】を入れてる方は、いったん無効化してみてください。

これで表示されるなら Autoptimize が干渉してしまっています。

テーマの更新を旧バージョンにしてもダメでした

更新して新しいバージョンにしたから、不具合が発生したわけなので古いものに戻せば直るんじゃないかとやってみました。

こちらから旧バージョンのファイルをDLできます。https://github.com/yhira/cocoon/releases

任意の旧バージョンのzipファイルを解凍しファイルをサーバーにアップロードします。

アップロードで使うのは FFFTPツールです。
窓の杜などでフリーDLしましょう。

FFFTPを使ったサーバーへのアップロード方法はこちらで説明されています。
https://wp-cocoon.com/downloads/

どこにファイルがあるのか分かりにくいですが、頑張って探してください。
ご自分のページデータのあるフォルダの中にある【public_html】を見つけることができればあとは階層を下がっていけばOKです。

あなたのHPタイトルフォルダから【wp-content → themes → cocoon-master】になります。

DLして解凍したファイル名を cocoon-master に名前を変更してアップロードします。
cocoon-master に解凍したファイルを上書きしていけば旧バージョンに戻すことができます。

今回はこれをやっても、なぜか効果はなかったです。

フォーラムで同じ不具合を共有できるからCocoonを安心して使える

ワードプレスでの無料テーマはCocoonが最も安心して使えると思います。

ナニか不具合があれば【フォーラム】で質問すると作成者の『わいひらさん』がすぐに答えてくれます。

アップデートによる不具合を聞こうとフォーラムをのぞいたところ、同じような不具合の方の投稿があったので私は便乗させていただきました。

不具合の報告は複数あった方がエラーの原因に気づきやすいでしょうから。

不具合はすぐに解消できるものではないので、どういう状況なのかをやり取りしながら解決していくことができます。

今回も『プラグインをすべて無効化してみて』ということからAutoptimizeが当たっていることが判明しました。

無料なのにこれだけのサポートをしていただけるんですから『わいひらさん』には感謝しかありません。

あとは頑張って解決してくださるのを待ちます(笑)

まとめ

Cocoon のバージョンアップでの不具合が発生しました。

Autoptimize が干渉しているようです。
いったん無効化するか、記事内の項目のチェックを外しましょう。

これは完全な解決策ではありませんが、表示されなくなる不具合はとりあえず解消されます。

作成者の『わいひらさん』から連絡があり、Cocoonの高速化を使えば Autoptimize は必要ないとのことなのでプラグインは削除しました。

コメント