4iiiiパワーメーター が25.000円 ZONDAが38.000円 

スポンサーリンク
アイキャッチ

速い人はもちろん「最近速くなった人」が導入するアイテムがパワーメーターです。
導入するなら【今】がチャンスですよ。

WiggleとCRCでパワーメーターが値下がりしています。
ズイフトなどの仮想パワーではなく、リアルなパワーを測定してみませんか?

105(R7000)であれば25.000円。
アルテグラ(R8000) でも30.000円で左クランク式のパワーメーターが購入できます。

ホイールのZONDAも底値で販売されていますね。
おそらく最安値で、これからもこの価格以下になることはないだろうと思います。

スポンサーリンク

普及とともにパワーメーターの価格が下がってきた

トレーニング機材の代表的なものがスマートトレーナーなどのローラー台です。
スマートトレーナーなどでは、仮想のペダリング出力を表示するものがあります。

あくまでも仮想のパワーなので、実際のパワーではありません。

当然ですが、実走でのパワーが表示されるわけでもないのでローラー台の上だけの数値でしかありません。

路面状況や風などの抵抗に対してのリアルなパワーを知ることこそパワーメーターの本来の使い方だと思います。

パワーメーターが発売された時には、トレーニング機材としての有効性は誰もが認めていたものの、あまりにも高価(20万以上)で一般的ではありませんでした。

今では、かなりの方がパワーメーターを取り付けています。
数が出ればメーカーも増え、価格が下がるのが市場の常です。

左クランク式で2万円ならそろそろ底値なんじゃないかと思います。

トレーニング機材として、サイクリングなどのエネルギー配分を知ることができるのは、パワーメーターでしか得ることができない数値です。

4iiiiパワーメーター 左クランク アルテグラ 29.378円

FC-R8000のアルテグラクランクタイプで3万円を切っています。

以前だと5万円くらいだったと思うので、底値に近いかもしれませんね。

4iiii – Ultegra FC-R8000 レフトアームパワーメーター

165㎜や172.5㎜は在庫がなくなっています。
在庫限りでの価格かと思います。

4iiiiパワーメーター 左クランク 105 R7000 25.423円

同じく4iiiiの105クランクタイプが25.423円です。
170㎜のみの価格です。

165mmや172.5mmが42.740円という価格と比べるといかに安いかわかっていただけるとおもいます。

4iiii – 105 R7000 レフトアームパワーメーター

4iiiiパワーメーター 左クランク デュラエース 36.158円

デュラエースの左クランクも安くなっていますね。
4万円を切っています。

4iiii – Dura-Ace FC-R9100 レフトアームパワーメーター

デュラクランクを使っておられる方はグレードダウンしたくないでしょうが、個人的にパワーメーターでデュラエースは必要ないと思っています。

左クランクタイプであれば、右クランクとグレードが違っていても問題ありません。
105でも十分だと思います。

パワーメーターを購入する前にクリアランスの確認

左クランク式のパワーメーターは単4電池で確認
クロモリフレームなら間違いなくつきます(笑)

パワーメーターを購入する前にご自身の自転車につくのかを確認してください。

最近のカーボンフレームでは、圧入BBやディスク化でBB幅が広くなっていたり、チェーンステー幅が広くなっていたりします。

左クランク式のパワーメーターは、クランクの内側にセンサーがついているので、クリアランスが確保されていないと取り付けることができません。

そこで、購入前にクリアランスを確認しておきましょう。
確認方法は簡単です。

単4電池をクランクの内側にあててチェーンステーとのクリアランスを見ましょう。
単4電池がチェーンステーにあたらなければ大丈夫です。

同じ系列なのでCRCでも同一価格(笑)

Wiggleと同じ系列の通販なので価格も同じです。
1円ほど高いのですが、為替レートの計算方法の違いなんでしょうね。
Wiggleでも、為替レートで1円くらい表示価格差があります。

4iiii Dura-Ace FC-R9100 パワーメーター

アルテグラに関してはCRCは高い。
40.114 円です。
175㎜で29.379円なので170㎜の方はWiggleで買いましょう。

4iiii Ultegra FC-R8000 レフトアームパワーメーター

105も1円アップですがほぼ同一価格です。

4iiii 105 R7000 レフトアームパワーメーター

【ホイールも安い】カンパニョーロ ZONDA 38.000円

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

私も使っている【ZONDA】が激安の底値です。

この価格は私が購入した時と比べると半額になっています。
45%OFFとなっているので、当時は低下で買っていたということですね。
私が買ったときは7万円でした(笑)

37.853円なら激安中の激安です。

マジでこの価格は安い!

「ホイールを変えたいんだけど何がいい?」って相談されることがあります。
相談した方も、相談された方もいらっしゃるでしょう。

その時に何をおすすめしますか?
おそらくほとんどの方はこのホイール【ZONDA】なんじゃないかと思います。

軽くて丈夫なZONDAはコスパ最強の定番ホイールです。

G3組みの抜けの良さは、他のスポーク組みホイールとはまるで違います。
G3組みは本当に空気の抜けを体感できますよ。

リム剛性があって、転がるホイールで軽量と欠点のないホイールがZONDAです。
乗り心地もよくて、ロングライドにこそ使ってほしいホイールです。

通常42.000円くらいで販売されています。

ZONDAが1セットあれば、クリンチャーホイールをほかに用意する必要はありません。
そのくらい良いホイールだと思っています。

重量が1600gくらいありますが、体感的には1400g台のホイールです。
リム剛性があるので、実測重量以下に感じるホイールです。

クリンチャーホイールの絶対的なおすすめホイールです。

まとめ

Wiggleでパワーメーターが安くなっています。

トレーニングにおいて数値は絶対です。
あきらかな現実がパワーメーターに数値として現れます。
速く走るという目的があるならパワーメーターは絶対に必要なアイテムになります。

また、サイクリングにおいてもペース配分という部分で使うためには必要なアイテムになります。
「あと残り何キロ、〇〇〇Wで走れば力尽きずに帰れる」という使い方です。

ホイールのZONDAも激安価格で販売されています。

ZONDAにおいては、おそらくここからの値下げはあまりないと思います。
下がっても2千円くらいかなと。

ただ、ホイール交換の定番で誰もが勧めるほいーるなので【値上げ』という部分は捨てきれません。

ホイールを検討中の方はチャンスだと思います。

上がる可能性はあっても下がる可能性は低いですよ。

コメント