【パールイズミ】オーダージャージ オリジナルジャージができるまでを解説

スポンサーリンク

サイクルウエアのトップブランド【パールイズミ】のサイクルウエアではオーダーデザインで製作することができます。

オーダージャージを作るメーカーはたくさんありますが、既製デザインの使用率No1 のパールイズミのオーダージャージがお勧めです。
プロチームも愛用していることからもその製品の良さは実証済みです。

マトリックスも今年からデザインが変わりました

ナショナルチームが愛用してるのもパールイズミですね。

最近は個人で走るというより、チームを作って走ってるロード乗りの方が多いですね。
みんながバラバラのデザインのサイクルジャージで走るよりも、デザインが統一されたウエアで走ってる姿はとてもカッコいいです。

何人か集まってチームを作ったらオリジナルのチームウエアで走りましょう。
チームの統一感が出て良いですよ。
ジャージにオリジナル感があるとマナ―アップにもつながります。

オーダージャージってレースをイメージしませんか?
そんなことはなくて普通のサイクリングチームとしてのオリジナルジャージもお勧めです。
ロードバイクはレースをするためだけのものではありませんから。
チームジャージでサイクリングチームを時々見ますが和気あいあいでとてもいい印象を受けます。

国産No1 の【パールイズミ】でチームジャージをオーダーしましょう。

スポンサーリンク

パールイズミのサイクルジャージのオーダーまでの流れ

デザイン案 → 注文→ デザインサポート→ サイズ・数量決定→ 注文完了→ 色見本の確認→ 納品
という流れになります。

テンプレートをダウンロード

テンプレート画像
こんなテンプレートが40種類あります

デザインを決めなければオーダーはできません。

テンプレートをプリントアウトして色鉛筆でいいので大まかなデザインを決めます。
アドビ社のイラストレータが使えれば最高ですが、なかなかそんなソフトが使いこなせる方はいないですよね。
色鉛筆で大まかなデザインを決めれば大丈夫です。

テンプレートは商品別に40種類ありますので、ご希望の商品からテンプレートをダウンロードします。

パールイズミデザイン画
パールイズミより引用

注文のお問い合わせ

デザイン案が決まったらまずは注文の問い合わせフォームでパールイズミに連絡しましょう。
ここからプロとデザインの打ち合わせに入れます。

サイクルウエアのプロなのでなんでも質問してみましょう。
高機能なオリジナルウエアが作れます。

色鉛筆で手書きのデザインテンプレートでもプロデザイナーがイラストレータにファイル交換してもらえます。
色や配置などがより具体的になってイメージがリアルに伝わってきます。
イラストレータでデザインをされた方は微調整という感じになるでしょう。
プロのアドバイスからのデザイン変更もアリですよ。
というかプロの意見を聞きましょう(笑)

打合せデザインA
打合せデザインA
打合せデザインB
打合せデザインB

デザインするうえでオーダーデザインできない場所というのもあります。
また、メタリックなど一部使えない色というのもあります。
キャラクターや企業ロゴなど『著作権』にも注意が必要です。

サイズと数量決定

サイクルウエアサイズ表
サイズ表

パールイズミのオーダージャージ には最低数量があります
1着とか2着ではオーダーできないので注意してください。

最低数量は5着以上となっています。
メンズ・レディース合わせて5着以上でも大丈夫ですよ。

国内での使用率No1なので、日本人の体型で作られるのは言うまでもありませんね。
フィット感や機能に関しても人気がそれを物語っています。

サイズは縦横にオプションで調整ができます。
2.000円の追加料金が必要ですが、丈を少し長くしたいとか細身の方だとありますよね。
例えば、サイズは M だけど丈の長さは L じゃないとダメというようなことはよくあります。
こういう場合に調整できることがオーダーのメリットです。

サイズは表記されたサイズ表ではわからないことが多いです。
やっぱり実際に着てみないとわからないと思います。

パールイズミのオーダージャージではサンプルを送ってもらえるので、実際に着てからサイズを決定することができるので安心です。

オーダー完了

デザインが決まってサイズや数量が決まればいよいよオーダーです。
代金を支払いましょう。

40日ほどで手元にジャージが届きます。

ですがその前に、パソコンモニターで見るのと生地にプリントするのとでは色が違うということがありますよね。
パールイズミのオーダージャージなら大丈夫です。

サンプルの色見本として、実際の生地にプリントしたもので最終確認ができます。
送られてきたサンプル色見本で確認後に「OK」であれば制作に入ります。

40日位で手元に届きますからメンバー全員で走りましょう。

オーダージャージの価格

いちばん気になる部分ですね。

パールイズミの製品でのオーダージャージとしては高くないのでご安心ください。

ジャージ  14.080~
サイクルパンツ  12.650円~
長袖ジャージ  15.180円~
タイツ  19.580円~

となっています。
すべて5着以上の価格です。

オーダーの内容によって変わりますが、おおむね1人あたり【2万5千円】くらいで上下のジャージを作ることができます。

パールイズミは高いイメージがありますが高くないですよね。
チームメンバーさえ集まればオーダーの方がお得なくらいです。
メンバーを集めてオーダーしちゃいましょう!

オーダーできる種類

上下のジャージやワンピースジャージはもちろんです(笑)
それができなきゃ意味がない(笑)

ほかには、
サコッシュ
サイクルキャップ
アームウオーマー
グローブ
も作成可能です。

また、機能によって違う商品(夏用・冬)もオーダーできます。

パールイズミじゃないとダメな理由

これはズバリ【パッド】です。

ジャージの吸汗性やフィット感などももちろんパールイズミである理由はありますが、ショーツの【パッド】に関してはパールイズミじゃないとダメということです。
すべての方にパールイズミのパッドが合うとは言いません。
ですが、多くの方は『パールイズミのパッドじゃないとダメ』という話を聞きます。

ロードバイクに乗っていていちばんストレスを感じるのがサドルにおけるお尻の痛みです。
5種類の中から選べるパールイズミのパッドを使わない理由はありませんよ。

最後に

チームジャージで走るサイクリストを見たことがある方は多いと思います。
「カッコいい」って思いますよね。
ぜひ『カッコいい』と思われてください。

まずはテンプレートをダウンロードしてデザインを作ってみましょう。
チームでワイワイ言いながらデザインを決めると楽しいですよ♪

最後に、チームジャージのメリット

チームの統一感が間違いなく出ます。
チーム同士の団結力が確実に上がります。
ロードバイクに乗る理由がたくさん作れます(笑)

上下のジャージの統一感が出ておしゃれ番長確定です!
チームの全員がおしゃれ番長です。
サイクリストから羨望のまなざしで見られること確定します。

ウインドブレーカーも作っちゃいましょう!
『ジャージのチームオーダーなんて普通じゃん』っていう方!
そうあなたです。
ウインドブレーカーも作っちゃいましょう。
なかなかウインドブレーカのオーダーは少ないですよ。
もう気分はプロレーシングチームです!

まずはテンプレートでデザインをしてみましょう。
そこからスタートです。

その後、ためらわずに問い合わせに進んでください。
ほんの少し歩きだすイメージです。

オーダージャージは敷居が高いように感じますが、デザインのプロや担当の方が親切に話を進めてくれます。
すべて自分でやらないとできないことではありません。

ぜひ国内No1のパールイズミでオーダージャージを作ってみてください!

コメント