道路交通法の改正 自転車のあおり運転の罰則強化

スポンサーリンク
アイキャッチ

6月30日から自動車のあおり運転に対する罰則が強化されます。
あおり運転は社会問題にもなって、ドライブレコーダーをつけている車もかなり増えました。

気温が上がってさらに運転中にイライラすることもありますが、決して加害者にはならないように落ち着いて思いやりのある運転をしましょう。

自動車のあおり運転の罰則の強化と共に、自転車のあおり運転の罰則も強化されます。

自転車の【あおり運転】ってなんだよ(笑)

自転車で自動車を後ろからあおるなんてことは、速度的になかなかできないですが、自転車の罰則に関しては進路妨害という項目が追加されての罰則強化になります。

どういったことが摘発対象になるのか解説します。

スポンサーリンク

自転車のあおり運転とはどういったことなのか?

自転車のあおり運転とは、自動車などを後ろからあおるということではありません。
自動車を後ろから『オラオラ』とあおるほどの足の持ちはめったにいませんから。

罰則の対象になる行為は【妨害運転】ということになります。

どういった行為があおり運転(妨害行為)になるのか?
14項目の危険運転行為と15項目目に妨害運転という項目が追加されました。

1.信号無視
2.遮断踏切立ち入り
3.指定場所一時不停止等
4.歩道通行時の通行方法違反
5.制動装置不良自転車運転
6.酒酔い運転
7.通行禁止違反
8.歩行者用道路における車両義務違反
9.通行区分違反
10.路側帯通行時の歩行者通行妨害
11.交差点安全進行義務違反
12.交差点優先者妨害等
13.環状交差点安全進行義務違反等
14.安全運転義務違反
15.妨害運転

No1からNo14 までは当たり前すぎて「こんなことも守れないのか?」と、逆に笑ってしまうような内容です。

新たに追加された【No15】 妨害運転とはどういった行為なのか

今回新たに追加されたものに妨害運転という項目があるのですが、自動車の免許を持っていてもなかなか聞きなれない言葉ですよね。

進行を妨害する程度のことはわかりますが『自転車で?』って思いませんか(笑)

自転車で車の進行を妨害して何が目的なんだ?

自転車の妨害運転とはどういうものが定義されているのでしょうか。

自転車の妨害運転(あおり運転)
逆走して進路をふさぐ
幅寄せ
進路変更
不必要な急ブレーキ
ベルを執拗に鳴らす
車間距離の不保持
追い越し違反

こんなことする奴がおるのか?

地方在住の私では全く理解できない行為なのですが、都会の自転車の交通状況を見るとひどいですよね。
マジで『妨害運転』が普通に行われていたりします。

まるで無法地帯です。

あれじゃぁ「チャリンカス」て言われるのも納得です。

当然罰則がありますが、やたらとあま~~~い

妨害運転や危険運転など、自転車での交通違反には罰則があります。
これがやたらと甘い罰則なので、ほとんど意味をなしていません。

自転車運転者講習制度により、14歳以上の運転者が危険行為を繰り返して、3年以内に2回以上摘発された場合には、安全講習を受講することが義務付けられている。その場合、公安委員会から受講命令書が交付され、指定された場所にて安全講習を受講する必要がある。命令に背いて受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられる。

JAF MATE より引用

3年以内に2回以上の摘発で安全講習を受講です。

まぁ、ほとんど摘発されることはないですね。

そもそも、1回ならいいのか?って話にもなるわけですよ。
自動車の場合は、1回でも違反で罰則がありますよね。

自転車は1回は「OK」で2回目でやっと罰則です。
なんで2回目からなのかが理解不能です。

取り締まりとか警察がやる気がないから「絵に描いた餅」で終わる

罰則は決めても、それを摘発する警察がやる気がないのでたぶんなにも変わらないでしょう。

今までも、無灯火やスマホなどのながら運転や、逆走が話題になっていますが摘発されているところを見たことがありません。

むしろ、警察官の前を逆走で通り過ぎるのは何度も見ていますが・・・(笑)

警察官には交通取り締まりに関してはノルマが存在すると言われています。

今はどうか知りませんが、40年前にははっきりとしたノルマがありました。
交通機動隊の待機所の白板には、個別の成績が書いてありました。

交通取り締まりの警官はそれぞれ稼げるポイントを持っていて、数字が足りないと主に「一時停止」の名所で張り込みます。
一時停止の場所で、パトカーや白バイがひっそり隠れているのを見たことありますよね。
数字が足りないんですよ。

例えば、ネズミ捕りで移動交番など、多くの警察官で一斉取り締まりしますよね。
あの場合は、違反点数などの総数を頭割りしていました。

今は知りませんが40年前の話です。

こういったことがあるので、自転車の取り締まりなんかしても数字として評価されないんです。
警察官としては面倒くさくて誰も評価してくれないし、文句を言われるようなことはやりたくないですからやらないわけです。

まとめ

6月30日から自動車のあおり運転と、自転車の妨害運転行為に対する罰則が強化されました。

何も難しい違反行為ではなく「ごく当たり前にやってはいけないこと」が対象となります。

取り締まる側の警察がどこまで本気になるのかわかりませんが、取り締まりが本気にならないとまるで意味がありません。

一時的でもいいので、徹底的に違反者を摘発することを期待します。

私の周りでロードになっている方は、一人も該当するような行為をしないので安心ですが、万が一妨害行為をするような方を見かけたら注意するようにしましょう。

世間から見るロード乗りは『チャリンカス』だと思われているということを自覚して、イメージを払しょくできる行動をしましょう。

コメント