スポーツサングラスの選択で注意するべきポイントを解説

スポンサーリンク

ロードバイクに乗る時に目を露出してると、虫とか前走者のタイヤが跳ね上げた小石が目に入ることがあるので必ずサングラスはつけるようにしましょう。
『こんなことがあるの?』っていう例をあげると、突然目の前に路肩の木の小枝がはみ出してることに気が付くことがあります。
とっさによけれればいいんですが、こういったものが目に入るのを防ぐことができます。

もちろん本来の目的である紫外線でも目を傷めるのでUVカットのしっかりしたものを使ってください。
紫外線のダメージは白内障とかの症状を加速させますよ。

サングラスを選ぶときは、形状とUVカット率には気を付けてください。

スポンサーリンク

ロードバイクのサングラスで気を付けるのはレンズの明るさとUV性能と前傾姿勢での見え方

サングラスに最も求める性能は紫外線の防止です。
まぶしさを防ぐという意味もありますが、ほぼ紫外線防止の目的で選ぶべきアイテムです。

紫外線に対するサングラスの表記をよく見て購入するようにしましょう。

サングラスの紫外線防止性能の表記は以下のようになります。

UVカット率

紫外線を防ぐ目的のサングラスには必ず【紫外線透過率】が表記されています。
紫外線が通過する量を指しているので、小さい数値ほど紫外線を防いでくれるという意味になります。

つまり、【紫外線透過率1%以下】と表記されてるものは紫外線を【99%以上】カットしてるという意味になります。

【紫外線カット率】と表記しているものは、これとは逆に数値の大きいほうが紫外線を防ぐという意味になります。
【紫外線カット率99%以上】は【紫外線透過率1%以下】と同じ意味を持ちます。

UV400

UVカット効果が【UV400】という商品もあります。

少し難しいのですが紫外線には2種類の波長があります。
UVA【紫外線A波】: 波長315nm~380nm
UVB【紫外線B波】: 波長280nm~315nm

それぞれの波長によって受ける影響は違うのですが、UV400 というのは紫外線の波長400nmまでをカットできるという意味です。
UV380 は紫外線の波長380nmまでカットできるという意味ですね。

波長と言っても、どのくらいが紫外線防止になるのか分からないですよね。

この場合は、大きい数値の【UV400】を選びましょう。

紫外線カット率で言うと

UV400は99%
UV380は90%

となります。

UV400 は紫外線カット率表記のサングラスの99%と同じで、紫外線透過率1%と同じ性能ということになります。

紫外線が目に及ぼす影響

目には紫外線を防ぐ機能が備わっています。
それは短時間の場合なので、長時間屋外にいる場合などはサングラスなどで目を保護する必要があります。

長時間紫外線を浴び続けると白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症になる可能性が高くなります。
角膜炎になるリスクも増えるのでサングラスは必要なアイテムですね。

必ず紫外線カットのレンズを選ぶこと

サングラスの色の濃さは紫外線カットとは関係ありません。
濃い色だと目に入る光の量が減るので『紫外線を大量にカットしてる』と感じますが、光の量と紫外線は関係ないんです。

逆に色の濃いものだと、瞳孔が開いてしまうので多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。
カメラで撮影するときの露出オーバーのような状態ですね。
これが最も危険な状態なので、必ず紫外線カットのレンズを選ばなくては意味がありません。

ファッショングラスは特に気を付けなければいけない部分です。

ロードバイクは特殊な姿勢で見ている 見え方に注意

ロードバイクは前傾姿勢が強いので上目使いで常に乗っています。
フレームが太いものだと、レンズの上側の視界を覆ってしまって見えない状態になります。

他のスポーツとはレンズの見る位置が上の方しか使ってないので、細身のフレームまたはフレームレスの方がいいと思います。
レンズの面積を広くしてレンズ上部の視界を広くしたものもありますね。

選ぶときは、必ず前傾して上目使いで視界が確保できるかどうかを必ず確認してください。

レンズ色もあまり濃いものはお勧めしません。
瞳孔が開くという意味もありますが、自転車で走ってる場合明るさの環境が目まぐるしく変わるからです。
トンネルや木陰などであまり濃い色のサングラスだと暗すぎて危険な場合があります。
明るさに関しては個人差があるので、必ず試着して選びたい部分ですね。

私は少し明るめのレンズを好んで使っています。
視力があまりよくないですが、免許証のレベルでは原付きや軽車両では眼鏡が必要ないです。
とは言え、明るいところでは不安はないのですが少し暗くなると見えにくいのでサングラスのレンズは明るめを使っています。

環境の変化に対応するには少し薄めのレンズをお勧めします。
調光レンズであれば、周囲の明るさによって色が変わるので調光レンズはお勧めです。
特にコンタクトを使用されてる方は調光レンズの方がいいでしょうね。

Amazon | Occffy 変色調光サングラス 偏光サングラス[超軽量/アルミニウム・マグネシウム合金材] 男女兼用 スポーツサングラス 紫外線感知 UV400 釣り ドライブアウトドア 登山 自転車 ゴルフ 運転 変色 調光グラス J8003 (変色調光レンズ) | Occffy | スポーツサングラス
Occffy 変色調光サングラス 偏光サングラス 男女兼用 スポーツサングラス 紫外線感知 UV400 釣り ドライブアウトドア 登山 自転車 ゴルフ 運転 変色 調光グラス J8003 (変色調光レンズ)がスポーツサングラスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常...

目の悪い方はコンタクトを使われる方が多いと思いますが、インナーフレーム式というものもあります。
私はハードコンタクトを使ったことが無くて、ソフトコンタクトしか使ったことしかないのですが、目が乾いてまぶたの裏に張り付いたりすることがありました。
走行中にいきなり外れるので結構怖い思いをします。
ハードコンタクトは大丈夫だって聞くのですが、私は使ったっことが無いのでわかりません。

度付きレンズのスポーツサングラスは高価ですし、安い度付きレンズのものは湾曲したレンズできれいに見えないこともあります。
スポーツサングラスの極端に湾曲したレンズできれいに均等に見える度付きレンズは高度な技術が必要なんだそうです。
オークリーなどの有名メーカーならそういった面も安心できますが、購入店が近くになかったりすると買えません。

インナーフレーム式は比較的安価で度付きのサングラスができます。
ですが、やはり周囲が湾曲して見えるので普段の度数より1段弱いモノの方がいいと思います。

通販でも購入可能ですが、インナーフレームにレンズを入れるには眼鏡屋さんで入れてもらうことになるので眼鏡屋さんで購入した方が安くなるかもしれませんね。

私のこのインナーフレーム式の度付きレンズは、普段と同じ度数で作ったので長時間の使用だと酔いそうになるのでほとんど使えていません。
色々調べたりしても『度数を一段下げるといい』ということを見るのでもし通販でレンズも作られる方は度数を一段下げて作ることをお勧めします。

視力の弱い方のサングラスはいろいろ苦労しますね。

サングラスの形で気を付けるポイント

普通の眼鏡のような形状のものでも目を保護するにはいいんですが、できればスポーツ専用のものを選びましょう。

スポーツ用と言っても色々あるので、顔の横まで回り込んだ流線型のものがお勧めです。

理由は風の巻き込みにあります。

また、レンズの隙間から入ってくる紫外線で目を傷めてしまうのでできるだけ光が入りにくい形のものが良いですね。

レンズに通気口の開いてるものがあります。
レンズにあいた小さな穴から風が入ることによってクモリを防いでくれます。

まとめ

サングラスは目を保護するのに必ず必要なアイテムです。

特に紫外線を防ぐ意味ではアイウエアに頼る以外に方法はありません。
紫外線のダメージは本人の知らないところで現れてきます。
そのダメージの多くは復活しません。
サングラスで守りましょう。

紫外線はすべてが悪いものではなく、ある程度の紫外線を浴びることは健康にもいいものですが、1日中屋外にいる場合は完全に防いだ方がいいです。
紫外線防止性能を必ず確認して購入するようにしましょう。

上目づかいで見やすく、暗すぎずUV製のがあるもので風を巻き込みづらいものがベストです。

Amazon | Occffy 変色調光サングラス 偏光サングラス[超軽量/アルミニウム・マグネシウム合金材] 男女兼用 スポーツサングラス 紫外線感知 UV400 釣り ドライブアウトドア 登山 自転車 ゴルフ 運転 変色 調光グラス J8003 (変色調光レンズ) | Occffy | スポーツサングラス
Occffy 変色調光サングラス 偏光サングラス 男女兼用 スポーツサングラス 紫外線感知 UV400 釣り ドライブアウトドア 登山 自転車 ゴルフ 運転 変色 調光グラス J8003 (変色調光レンズ)がスポーツサングラスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常...

コメント