Twitterで流れてくる【note】などの情報商材

スポンサーリンク

Twitterのフォロワーが10人ぐらいだった11月末から現時点(1月5日)で212人に増えた。
98%が情報商材屋さん(笑)

Twitterをやってると『こんな稼げる情報いりませんか』というメッセージがフォロワーから入ってくる。

例えばこんなようなメッセージが個別で入ってきます。
『私は毎月9〜15万円は稼げる案件を紹介しているのですが興味はありませんか?』

こんなメッセージも来ました。
『あなたに50万円のお年玉の権利が当たりました。登録は今日までです』

スパムメールと同じですね(笑)

『いりません』

スポンサーリンク

情報商材に必要なのは信用と実績

ハンドルネームの時点であなたの信用はゼロです

ほかの人は知りませんが、私の場合は ハンドルネーム = 信用ゼロ です。
そもそもどこの誰かもわからない人から何かを教えてもらいますか?
街で道を聞くのとはわけが違うんですよ。

自分がこれからあることに対して進むべき方向や、目標とするものをつかむための方法を手にしたいことをどこのだれかわからない人から聞いて参考にしますか?

ハンドルネームを使うのなら、それ以上に信頼できる情報を流すべきです。

世の中にはハンドルネームでしかネットの世界で活動できない人もいます。
副業が会社にばれたくないとか、誰かに追われてるとかいろいろな事情があると思います。

自分の書き込みに責任を持つ必要がないハンドルネームと受け取られれば当然信用はゼロですね。
信用ゼロからのスタートなら、信用を得るために実績でも公開したほうがいいですよ。
ただの書き込みではなくきちんとした実績です。

『毎月100万のブログ収入があります』というメッセージが毎日のように入ってきます。
そんなのテキストで信じますか?

『で?』で終わりです。

ほしい情報は自分から手にする

確かに情報がいただけるならありがたいですよ。
信用できる情報という条件付きですが・・・。

ブログを立ち上げて1.5か月のこのブログのPV(ページビュー)は数百です。
もうゴミ以下なので、『PVがいっきに10.000まで上がる情報を持ってます』とかがきたときは欲しいと思いますよ・・・信用できれば(笑)

でも、向こうからやってくる情報より自分で取りに行った情報のほうが失敗した時に自分の身になるんです。
誰のせいにもできずに、自分のせいですからね。

また、それが自分のやり方、「情報の使い方が悪かったんじゃないか」と考えるのが力になってノウハウになるんです。

100人に聞いて100通りのやり方を試せば何が正しくて何が間違ってることなのかすらわからない。

これが最悪のパターンで迷路に迷い込みます。

信用できる一つを実行し、それでだめなら次の情報を取り入れてみるのが正しいということです。

ネットに無料情報はあふれかえっている

ここに有料級の情報が詰まってます。
ひつじさんがTwitterでブログに関する質問に答えてらっしゃいます。

ハンドルネームでも実績があるとはこういうことを言います。

このツイートにほぼすべてのブログで悩んでる人の答えが書いてあります。

この情報の中で試行錯誤し、これを参考にして分からない部分がまた出たらそれを調べればいいんです。

まず検索してみましょう。
ネットに情報はたくさん落ちてます。

YouTubeだってあるのでおそらくすべてを試すことすらできないくらいの量がネットには落ちてるんです。

ブログで『PVが上がらない』ならタイトルが悪くて検索に引っかからないとか、離脱率が高ければ内部リンクが乏しいとか内容に魅力がないかでしょう。

数ある情報をまとめると自分がやらなければならないことは見えてくるはずです。
人に聞いたり教えてもらう前に自分で調べることです。

まずは自分で試して苦労せよ

試行錯誤するんです。
やって駄目でも何も損はしません。

ダメだった原因さえ見つければそれがノウハウになるんです。

私のこのブログだっていろいろやってるんですよ。
何がウケて読んでくれるのか?とか、どうやったらこのブログに飛んできてくれるのか?とか記事の内容を色々変えて試してます。

トレンドブログがウケがいいのはわかりました。
ただ、PVの継続性はありません。

自転車のメンテナンス系は少しずつですが読んでもらえる記事です。

自動車関係のトレンドは人気がないですね。
ほぼ自動車に関して今の人たちの興味があまりないということがわかります。

とはいえまだ1ケ月でそれぞれの記事量が少ないので結論などが出るはずはありません。
いろいろやりながらデータを取って模索するしかないですね。

肌で感じるデータがいちばん信用できます

フォロー数が信用だと勘違いしている

私はTwitterでの発信はほとんどしていません。
情報を得るためのツールだと思っているからです。

発信してないのに私をフォローする方がたくさんいます。
『情報商材屋』さんですね。

私もフォロワーがたくさんほしいとは思うので、フォローされればほぼすべてフォローします。
『情報商材屋』さんでも、とりあえずそこから枝分かれしているフォロワーに発信できると思うからです。

当然ですがお互いに信用や信頼はありません。
中には『電話でお話しませんか?』とメッセージが来ることも。
するわけないじゃん。 

誰かわからん人間となんで話せにゃならんのだ。

情報が欲しい人はこちらからフォロー

情報が欲しい方はこちらからフォローしてます。
書き込みに対してもきちんと読んでその言葉の中にどういった意味が含まれてるのか常に勉強させてもらっています。

この情報だけで私のレベルではそれくらいで有料級の情報は得られます。

YouTubeも含めれば、教えてもらう情報より、自分で選んで取りに行った情報の方が信用できますね。

ただフォーローが来たからフォローしてるだけの人のTwitterは全く読んでないです。
ほぼ無視ですね。
おそらく相手もそうでしょう。

Twitterでnoteなどの情報商材への誘導する文言が入ったツイートをする方を全部ミュートしたら、私からフォローした方以外いなくなりました。
こちらから求めてる情報を持ってる方がリツイートされる情報もやはり有意義なんです。
情報商材への誘導される方のリツイートはまたそれも情報商材(笑)

Twitterを有料情報サイトへの誘導ツール

情報屋さんはTwitterを自分の有料サイトへの誘導ツールとして使ってます。
これが間違いだとは思ってません。
宣伝ツールとしては有効な手段ですから。

でも、前に書いたように『信用』しうる何かを示さないと私には無理です。
『毎月○○万円の収益があります』と商材を売って次は、『1記事2千円の有料noteで○○万円の収益を出しました』が続いていくのが情報商材屋さんです。

私の目標額は小さすぎて有料情報を買うに値しない

私の目標は半年で月に10円の収益です。

もちろん稼げればそれに越したことはないですが、3年後のサーバー契約(3年前払い)が切れる時に月に1.000円の収益があればその収益でサーバー運営ができるので目標金額は1.000円です。

有料情報は必要ありませんね(笑)

もう一つやりたいのが HTML&CSS を勉強したいので、お金を使うならそっちに回します。

有料商材屋さんからメッセージが来た時の返事はこうです。
『半年後に10円。 3年後に月1.000円稼げれば十分』と返事すると二度とメッセージは返ってこなくなりますね。

私にとってブログをやる理由はお金を稼ぐことではないんです。

まとめ

有益な有料情報はたくさんあるのでほしい方はたくさん買ってください。
それで経済が回るのなら正しいお金の使い方だと思います。

私は今は欲しくないので記事にしてみました。
でもね。 本当にこう思うわけです。

たった数万円稼ぐ情報商材屋さんの情報より月に100万稼いでる人の無料情報のほうがそこら中に転がってます。

なんでそんなに稼いでる人が無料で情報を流すのか?

同じことをしても自分には追い付いてこれない自信と、本当に月に100万以上の収入を得るノウハウを持ってるからです。
それを応用していけばさらに稼ぐ手段を持ってたりしてるんです。

そんな情報がたくさん落ちてるのに有料情報とか必要ですか?
あなたが苦労して得た10円はすでに有料級の情報を持ってます。

それは誰にも教わってなくて自分で見つけた情報から得た報酬だと思います。

有料情報を買ってもすぐに100万円の収入にはなりません。
結局は自分で苦労するわけです。

近道するより回り道してたくさんの知恵をつけましょう。
知識の引き出しが増えますよ。

コメント