【東京マラソン中止】参加料の返金はするべきなのか?

スポンサーリンク

3月1日開催の東京マラソンが中止になりましたね。
原因は【コロナウイルス】です。

3万人以上集まる中で、キャリアがいれば集団感染し日本中にウイルスをバラまくことになります。
多くの参加者は【中止】に納得しつつも、参加料を返してほしいと言っています。

返すべきだと思いますか?

スポンサーリンク

開催のためには準備費用が必要 

日本最大人数で行われる【東京マラソン】の開催に向けての準備は、昨年の申し込み前から行われています。
実行委員会ができた時点で、すでに人件費がかかってるわけです。

数年前から重要視されてきたテロ対策などにかかる費用も大きなものですし、警備員がとても不足しています。
まず、この警備員の確保がよくできるなと毎年思います。
知り合いの工事関係者などに聞いてもとにかく今は警備員が足りないそうです。
警備員がいないと工事作業ができないので、高額で取り合いになってるそうです。

3月は年度末で特に公共工事が多い月ですよね。
警備員確保が難しいのは明らかです。

参加記念品は参加申し込み者に郵送で配布することになりました。

4月1日以降に発送されます。

  • ナンバーカード
  • 計時チップ(大会ロゴあり)
  • ランナーローブ
  • アルミシート
  • 2020大会公式プログラム

もう作って準備できてますから配布しないということは無いだろうなとは思っていました。
これだけでも記念になりますよね。
何年かすると『この年はウイルスで中止になったんだ』って思い出になりますよ。

返金しない理由は申込規約に書いてある

『参加費を返せ』という方の気持ちもわかります。
16.200円は小さい金額ではないですから。

でも、エントリー規約No13 には以下のように書いてあるんです

積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。
なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

東京マラソン公式HP

今回はこれのどの部分にも当てはまらない『不測の事態』なので仕方ないですね。

東京マラソンのエリートや車いすマラソンはやるじゃないかと・・・言われる方

東京マラソンは3つの大会が合同で開催されています。

  • 東京マラソン2020(英文名:Tokyo Marathon 2020) (一般参加の大会)
  • マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ  ~東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会~
  • 車いすエリートマラソン

この3つの大会が合同で開催されてるのが、いわゆる東京マラソンなんです。

東京オリンピック選考レースと車いすマラソンは別大会なので開催され、メインの一般参加者の大会が中止になったということです。

『エリートをやるのなら中止じゃないだろ』ということにはならないんです。
あくまでも別大会ですから。

エリートを走る人は人生をかけて走ります。
参加人数も少ないですし、一般よりは感染リスクは低いです。

中国からの参加者には返金

中国からのエントリー者には2021年大会の参加料が無料になるということになりましたね。
これに納得がいかない方も多くいらっしゃいますね。

中国からは参加できなくなったんです。
それは政府が入国を制限したからです。

エントリー規約 にもあるように『関係当局より中止要請を受けた場合』に該当するからです。
政府が『関係当局』で入国制限が『中止』ですね。
中国人に対しては、日本に入国できないので大会が中止になるということです。

2021年東京マラソン優先参加

参加料が免除になることは無いですが、2021年大会への優先参加ができます。
倍率の高い大会なので、優先されるのはありがたいことなんじゃないでしょうか?

高倍率を勝ち取らなくても来年の出場が約束されてるということですよね。

権利を16.200円で買ったと思えば、来年のために頑張って練習できると思うのですが・・・。

そのために、今年落選された方などは来年の参加がさらにハードルが高くなるってことです。
参加人数を増やすことはできないでしょうから、そのあたりの対策は1年かけて考えるのでしょうか?

名古屋や静岡でもマラソン大会は中止 返金は無し

3月開催の【名古屋ウイメンズマラソン】同じく3月開催の静岡マラソンもコロナウイルスへの感染拡大を懸念して中止が発表されました。

名古屋の場合も東京マラソンと同じく一般市民ランナーの部を中止としています。
エリートの部と名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2020は開催されます。

返金はされず、2021年大会への優先参加の措置も取られません。

その代わりに【オンラインマラソン】を開催し、専用のスマホアプリで規定の距離を自由なコースで走れば完走証を発行するということになったようです。

各地のマラソン大会やイベントは中止になっていますが、私の地元の【松江レディースハーフマラソン】は開催されるということです。
おそらく中止になるとは思いますが、対応が遅いですね。

中国で『この非常事態にマラソンか?日本はおかしい。』と

コロナウイルスが蔓延して、経済が止まってる中国から見ると日本の対応は『おかしい』と言われています。

中国でコロナウイルスがここまで蔓延してしまった根本的な原因は春節による人の集まりだと言われています。

まだ発生原因がつかめていないのであくまでも想像の中での話ですが『人が集まることは避けるべきだ』という結論に間違いはないはずです。

しかし日本では、コロナウイルスによる感染者が出てもマラソン大会を開催してるんです。

2月19日までの週末では50万人の人がそれぞれ各地のマラソン大会に出場しています。

これが原因での感染拡大が無いとは言えません。

まとめ  家族などを守りたいなら

大会が中止になり、参加料が返金されない悔しさはわかります。

でも今回は目に見えないウイルスが原因です。
大会を開催して、自分がキャリアになり家族にうつしてしまうリスクを考えたら大会があったとしても参加するべきではありません。

このコロナウイルスは、今の段階ではわからないことの方が多いのが怖いです。

発症してなくても感染させるということは、キャリアになってても気が付いていないわけです。
一緒に暮らしてる家族がキャリアかもしれません。
自身がキャリアかもしれません。
隣にいる人がキャリアかもしれないんです。

そんな状況で3万人以上集めることは危険すぎますよね。

参加者の健康を考えての中止です。

来年の優先参加料だと思って、これから1年頑張って練習してください。
来年の大会は今まで以上に盛り上がると思います。

コメント