【実質無料】Rakuten WiFi Pocket を使ってみた

楽天モバイルのWiFi Pocket が届いたのでレビュー。

この記事もWiFi PocketのWiFi環境で書いています。

マジ快適すぎる(笑)

Rakuten WiFi Pocket のことをご存じない方はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

スマホの機種を選ばず、パソコンでもWiFi接続できる最強アイテム

Rakuten UN-LIMIT の最大のデメリットはスマホの機種を選んでしまうことにあります。

私が持っているスマホは、2台とも対応していない機種なので、開通するまでの設定でかなり苦労させられました。

対応機種が少ないとなかなか契約数が伸びないのは当然。

Rakutenが何も手を打たないわけにはいかないですよね。

そこで「携帯WiFiルーターを1円で販売しちゃおう」となったんじゃないかと思います。

機種を選ばず、パソコンでも使えるWiFiなら楽天モバイルを使ってみたくなりますよね。

現在のスマホの契約はそのままなので「残念。自分のスマホは対象外だな」とか関係ないですからね。

私は、楽天回線のヘビーユーザー。

早速 WiFi Pocket を契約してみました。

結論!

WiFi接続は超簡単
同時に10台接続できる
小さくて持ち運ぶのにストレスゼロ
お買い物パンダがカワイイ(笑)
ホワイトにしてよかった

スマホ契約ではなくてWiFi Pocketを選んだ理由

楽天モバイルはポイント還元でですが、スマホ本体が実質無料になるキャンペーンをやっています。

スマホが対応機種じゃないなら対応機種にすればいいじゃん

楽天の対応機種を持ってないから実質無料で Rakuten HAND を買おうかとも思いました。

Rakuten HANDでも、テザリングでつなげばWiFi Pocketと同じように使うことができます。

ではなぜ、あえて WiFi Pocket にしたのか?

テザリング中に電話が受けられない

スマホでテザリング中は電話が受けられないんです。

試しに電話をかけてみると『電源が切られているか電波の届かない・・・』って、あのアナウンスが・・・。

テザリング中のスマホの方は、かかってきた瞬間【不在着信】となります。

コールすらしません。

不便でしょ。

普段から私はメールでのやり取りが多く、あまり電話を使わないとしてもテザリング中に不在着信はちょっとだけ不便。

WiFi Pocketならその問題が解決できます。

テザリング中はスマホのバッテリーも激しく消費するので、それも防ぐことができますしね。

WiFi Pocket は楽天エリアなのか分からない

スマホだと、楽天アプリを使って『楽天エリア』なのかauの『パートナー回線』なのかわかりますが、WiFi Pocketだとそれがわかりません。

パートナー回線だと上限5GBの制限があって、それ以上だと1Mbpsの低速回線になります。

楽天エリアだと高速回線がデータ量無制限で使うことができます。

私の場合、生活圏内はほぼすべて楽天エリアなので問題はないですが、移動が多い方だと『どっちだよ』ってなるかもしれません。

Rakuten WiFi Pocket 開封の儀

Rakuten WiFi Pocket
Rakuten WiFi Pocket

では、届いた WiFi Pocket を開封していきましょう。

箱の中には【WiFi Pocket 本体】と【SIMカード】と説明書、あとは広告ですね。

SIMカードは、WiFi Pocket専用というわけではなく、通常の通話SIMと同じものが入っていました。

本体の箱には、充電器・USBケーブル・バッテリーが付属しています。

SIMはいちばん大きなサイズで使う 標準SIMサイズ

SIMサイズは3種類 Pocket で使うのは標準SIM
SIMサイズは3種類 Pocket で使うのは標準SIM

WiFi Pocketで使用するSIMサイズは【標準SIM】になります。

楽天から送られてくるSIMは【標準SIM】【micro SIM】【nano SIM】の3種類になっています。

使う機種によって抜き出して使用します。

WiFi Pocketは、この中でいちばん大きなサイズの 標準SIM を使います。

バッテリーを入れる前にSIMの取りつけ

左下が差し込んだSIM
左下が差し込んだSIM

SIMを、いちばん大きな状態で抜き出したら本体に差し込みましょう。

差し込む場所はバッテリーの下です。

本体のバッテリーカバーは、お買い物パンダが印刷されている方を外します。

少し固いかもしれませんが、端から少しずつ外せば大丈夫です。

バッテリーを取り付ける前にSIMを差し込みます。

SIMの向きに注意してください。

SIMの形に少しくぼんでいるので、同じように差し込みましょう。

バッテリーを取り付けて電源ON

バッテリー
バッテリー

バッテリーの向きに気をつけてカバーをつければ完成です。

セットアップ的な作業は一切必要ありません。

電源は右側の上のボタンです。

電源を入れて、電波をひろえば日付や時間は自動でセットされます。

WiFi 接続もカンタン

WiFi接続も簡単
WiFi接続も簡単

固定回線用のWiFiルーターの設定って面倒くさいですよね。

アルファベットの大文字と小文字、さらに数字を組み合わせたパスワード入力。

【A】と【a】は大文字と小文字の区別がつきやすいですが【g】【q】【9】の区別が見にくいですよね。

パスワードにはなぜか【q】が必ず入っていたりしませんか?

WiFi Pocketは数字だけだったので簡単に接続することができました。

パスワードを手打ちで入力するほかに、【QRコード】を使ってもカンタンに接続することができます。

同時接続は10台まで。

十分ですね。

Rakuten UN-LIMIT のデータ使用制限について

Rakuten UN-LIMIT はデータ使用量無制限です。

いくらデータを使っても上限はないと思われていますが、実は上限があります。

『3日で10ギガを超える通信量・・・』という具体的な通信量を楽天は言っていません。

このような注意書きです。

 高速でデータ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービス を提供するため通信速度の制御を行うことあり。

楽天モバイルより引用

通信制限があるなんて聞いてないよ~

小さく注意書きがしてあるので、誰も気がつかないし見ないですよね。

でも安心してください。

通信制限はありません。

うわさでは『1日10GBで通信制限がかかる』ということなので、実際に通信制限がかかるのかやってみました。

アマゾンのプライムビデオを垂れ流し、PCではYouTubeを垂れ流しながらデータを無駄遣い。

10GBでプライムビデオやYouTubeの画質が落ちるのかとワクワクしてましたがまったく変わりなし。

「データを先読みしてるからか?」と思って、速度計測をすると下り『1Mbps』になりました。

やっぱり速度制限がかかった

確かに速度制限がかかって『1Mbps』になったのですが、プライムビデオなどの動画に全く変化がないんです。

もう一度速度計測すると・・・『18Mbps』???

普通の高速回線で接続しています。

しばらく時間をおいても速度制限はされませんでした。

想像ですが、速度制限がかかるのは一度に大量のデータをダウンロードした場合なのではないかと思います。

仮に制限がかかっても、翌日には元に戻るので「3日待たなければ元に戻らない」ということもありません。

まぁ、なかなか1日10GBも使うことはないですけどね。

Rakuten WiFi Pocket のまとめ

小さくて持ち運びにストレスなし

接続もカンタンで電波状態も悪くない

データ量無制限で使える

UN-LIMIT契約数が12月のWiFi Pocketの発売開始から爆延びです。

契約者数300万人限定【1年無料】も終わりが見えているような状態とのこと。

1年無料で使えて、使用期間のシバリもないので違約金もありません。

しかも事務手数料まで無料、MNP手数料すら無料なので楽天モバイルを使わないなんて考えられません。

あなたもとりあえず申し込んでみては?

お申し込みはこちらからどうぞ↓

コメント