スポンサーリンク

楽天モバイル スマホ本体 楽天ハンドが実質無料 0円!

いい評価と悪い評価が完全に分かれてしまっている楽天モバイルですが、私は楽天モバイルを応援しています。

楽天エリアであれば、アンリミットの使い放題2.980円はお得なプランです。

Rakuten MobileのRakuten UN-LIMITが200万回線を超えました。

1年間無料キャンペーン終了まで、あと100万回線です。

昨年4月から始まった『無料キャンペーン』ですが、契約者数は右肩上がりで増え続けています。

そのために5月か6月には予定の300万回線を達成する見込み。

そんな楽天モバイルが、スマホ本体0円キャンペーンを1月7日より開始しました。

新製品の『Rakuten Hand(らくてんハンド)』が対象商品になります。

『初めての申し込みに限る』という条件付きなので、残念ながら私は対象外。

楽天エリアもかなり拡大されてきているので、1年間無料期間で申し込みを検討されている方にとってお得情報になります。

Rakuten Hand が無料になる条件

Rakuten Handが無料になる条件は『初めての申し込みに限る』方です。

つまり、すでに楽天を使っている方が2回線目で申し込む場合は対象外になります。

Rakuten Handの価格は20.000円(税こみ)。

2万円の最新スマートホンが無料キャンペーンなのですが、ポイント還元での『実質0円』なので注意してください。

契約すれば20.000円は請求されます(笑)

ポイント還元にはさらに2つの条件があり『楽天LINKアプリ』を使い10秒以上の通話とSMSメッセージをそれぞれ1回利用する必要があります。

この条件が達成されたのち、翌々月末日あたりに最大24.999ポイントが還元されます。

Rakuten Hand の20.000ポイントだけじゃないの?

新規契約ポイントが5.000ポイントあるんだよ。

今回の【Rakuten Hand】ポイントバックキャンペーンでは合計24.999ポイントが還元されて実質無料です。

24,999って中途半端ですよね。

契約後にアンケートに答えると1ポイント還元されるので、合計25.000ポイント還元されます。

ただし、(ここ重要)19.999ポイントは【期間限定ポイント】なので6か月が使用期限となっています。

Rakuten Hand ってどんなスマホ

Rakuten Handは昨年の10月くらいに発売されたスマートフォンです。

手のひらに収まるサイズで軽く、持っていることにストレスを感じさせないデザイン。

機能の特徴として高速通信が可能になる『4 × 4 MIMO』を搭載しています。

MIMOってなに?

4 × 4 MIMOはスマホ本体のアンテナを増やすことによって、一度に大量のデータを取得できるようなシステムらしいです。

同じ楽天の Rakuten miniと比較して1.5倍の通信速度を実現しています。

詳しくはこちらから確認してください。

楽天モバイルの欠点はスマホ本体の機種が限られること

楽天のアンリミットの申し込みをためらう理由は【機種を選ぶ】ことではないでしょうか?

あなたが今お持ちのスマホのシムを入れ替えるだけで使えるのかと言われれば答えは『NO!』です。

使えるかもしれないし、使えないかもしれません。

結論としては『やってみないとわからない』ということです(笑)

そこで今回のようなキャンペーンを楽天がやっているんですね。

『使ってみたいけどスマホが対応しているかわからない』というユーザーに対して『対応スマホを実質無料』にして確実に開通できるようにしています。

旗手としてはRakuten Handだけが実質0円ではなくほかの機種も実質0円になるものもあります。

楽天が販売する対応機種

Rakuten Miniarrows RXOPPO A5 2020 などもほぼ実質0円となっています。

楽天圏内であればデータ制限のないアンリミットが最もお得

楽天モバイルのもう一つの欠点はエリアの狭さです。

楽天エリア以外ではauのパートナー回線となるために、データ使用量が5GB(月間)とまります。

ドコモの『アハモ』に比べるとお得感はまるでありません。

しかし、楽天エリア内で使う場合はデータ制限のない楽天アンリミットの方がお得です。

通信速度は地方によって違いますが、私は平均20Mbpsで安定して使えています。

職場の方はエリアのギリギリに位置しているので、速度は7Mbps 程度です。

7Mbpsあれば全く問題はないですし、2月末までにはエリア内となるので20Mbpsくらいが期待できそうです。

東京などでは地下鉄で使えないなどが解消されてきているようですし、速い速度では80Mbpsとかでているようなので楽天エリアであれば楽天モバイルが最もお得といえます。

契約に関しても、契約事務手数料無料!解約の手数料もペナルティも一切ありません

機種も無料契約手数料も無料解約はいつでもOKです。

楽天モバイルは固定回線として使える

楽天圏内であれば固定回線としても十分使えます。

データ使用量が無制限なので、動画も十分対応できます。

無制限といっても一日の使用量は10GBで制限がかかるようですが、1日10GBあれば十分です。

私は12月の使用量が90GBでしたが、最大で1日6GB程度でしたね。

Windowsのアップデートなど、大きなファイルをダウンロードした時で6GBなので、動画を1日中見るようなことがなければ10GBを使いきることは無いと思います。

モバイル通信でよくあるのが3日間で10GBの通信制限といったように、3日後まで待たなければ高速通信に復帰できないということも楽天モバイルではありません。

10GB使いきったとしても翌日には高速通信に復帰することができます。

まとめ

Rakuten UN-LIMIT でRakuten Handが実質0円キャンペーンを1月7日より開始しました。

ユーザーが申し込みをためらっている理由の一つが『自分のスマホが対応しているかどうか不安』という点だと思います。

そこで今回の実質0円キャンペーンです。

現在契約中のユーザーは対象外なので、新規契約者のみの特典です。

私の行動範囲ではほぼ楽天エリアになって、エリアも拡大してきました。

スマホ本体はポイントバックという形ですが、確実に楽天モバイルが開通できる機種が無料で手に入ります。

1年間無料の今こそ、Rakuten UN-LIMIT を申し込んで『とりあえず1年』使ってみてはいかがでしょうか。

今回のキャンペーン期間の終了は未定となっています。

事務手数料などもすべて【無料】なので、検討中の方はこのチャンスに!

コメント