【NIKE】ヴェイパーフライ 記録を量産するから規制するの?

スポンサーリンク

世界陸連が【NIKE ヴェイパーフライ】の使用を規制する動きが出てきた。
『規制するべき』という意見と『規制するべきではない』という意見がある。
どちらも間違ってはいないと思うが、私は後者の意見。
あなたは?

過去、レーシングカート競技で年間300万つぎ込み5年間戦って勝てず、チャンピオンになった選手は600万使ってて経済的な勝負ですでに負けてた私の目線です。
たかが3万ちょっとで騒ぐな!
技術を買って勝者になれ!
陸連は技術革新を止めるな!
機材で出された記録だとしても機材は人間が作って記録は人間が出したんだっ!
っていう目線で書きます(笑)

スポンサーリンク

NIKE ヴェイパーフライ? 知ってるっしょ? Dr 中松のピョンピョンシューズが原点なんじゃね?

スポーツ用品メーカーのNIKE社が長距離ランナーのために作った新素材を使った競技用シューズ。

ソールにはカーボンプレートを特殊な反発素材で挟んだ構造によって、着地の衝撃を反発に変えて足を前に進める。
靴底にカーボンの板バネを組み込んでピョンピョン跳ねるイメージだ。

日本の発明家 Dr 中松氏が考案した 通称【ピョンピョンシューズ】正式名称 フライングシューズの原理とある意味同じかもしれない(笑)

靴底にギミックが仕込まれてるので、ランニングシューズのソールは薄いという常識を覆し【厚底】になっている。
その厚さは約3㎝。
KISSも顔負けの厚底シューズだ。

Amazon | [ナイキ] ヴェーパーフライ 4% フライニット メンズ ランニング シューズ Vaporfly 4% Flyknit AJ3857-601 [並行輸入品] | ランニング
Amazon公式サイト| ヴェーパーフライ 4% フライニット メンズ ランニング シューズ Vaporfly 4% Flyknit AJ3857-601 を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。ランニングをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

世界陸連の見解

イギリスのメディアの情報なので規制することが決まったわけではなく、現段階ではヴェイパーフライの使用について『検討』するという段階。
2020年1月末に正式な発表があるということ。

世界陸連『選手が使用する機材は平等でなければならない。機材に頼らない記録が望ましい』という理由だ。

つまり、特定の選手だけ使用することができるものは『平等ではない』という理由での規制を検討するようだ。

以前にも何か同じようなことがあったぞ!

北京オリンピックの2年くらい前に突然現れたスピード社の『レーザーレーサー』。

この水着で世界記録が量産された。

レーザーレーサーの特徴はこうだった・・・ハズ。

体を締め付けることによって表面積を小さくし水の抵抗を低くする
伸縮率の違う素材を泳ぐために必要な配置にして、理想的な姿勢になるように作り、泳ぐ機能を補助する。
水の抵抗が小さくなり流速を上げる表面処理。
素材を浮力のあるものにした。

大まかにいうとこんなところだと思う。

着用するのも極端にタイトに作られてるために男性で30分以上、女性だと1時間から2時間かかるという。

その性能から『レーザーレーサーを着てなければ勝てないということが数々のレースで証明された。

これによってスピード社の広告宣伝費は2.000億円以上の効果があったという。

当時のレーザーレーサーは市販されていなかった

スポンサー契約していた選手だけが着用することができたのがレーザーレーサーだった。

他のスポーツ用品メーカーも自社がスポンサードする選手が勝たなければ意味が無いということで開発を急いだ。

日本だとヤマモト化学の『バイオラバー』が有名。

モータースポーツの世界は機材がすべて。

最近では F-1 などは、毎年大きな規制が行われている。

タイヤメーカーが、ラップタイム(周回記録)が向上するタイヤを開発すると、レースのラップタイムが早くなることからタイヤサイズを小さくしたり、トレッド(路面と接する部分)に溝を作らせて設置面積を減らしグリップを下げる構造に規制した。

シャーシ(車体)のメーカーが空力を向上させると、空力面積を小さく規制して速度を落とさせた。

こういった規制は、速度が速くなりすぎるためにドライバーの危険度が上がることが理由だった。

もうね、スロットレーシングみたいな世界でいいのよ。
ドライバーが乗らないで、ドローンレーシングカーでやればいいと思うよ。
そのくらいモータースポーツは機材に頼ってるから。

ヴェイパーフライは不公平なのか? たった3万円だけど?

レーザーレーサーとかモータースポーツのような一部のチームだけが使用できるものに対して、ヴェイパーフライは市販品である。

果たして不公平なのか?

一般人でも買えるヴェイパーフライは一部の選手だけという理由にはならない。

不公平という理由なら、選手に対するスポンサー契約を規制するべきだと思う。

アマチュアは3万円ちょっと出せばヴェイパーフライを手に入れることができ自由に履いてレースに出れる。
自己記録だって出すことができるだろう。

だが問題になっているようなこの靴を履く選手にはスポーツ用品メーカーがスポンサーについているので、選手は自由に機材を選ぶことができない。

ヴェイパーフライはNIKEが独自開発したものだが、他メーカーはなぜ開発できていないのか?

特許の関係もあるだろうが、NIKE以外のメーカーが同等品またはそれ以上のものを作れなければメーカー同士のレースで負けたわけだ。
負けを認めてスポンサーは選手に任せることをすべきだと思う。

選手がヴェイパーフライを使うのも使わないのも、敗者であるメーカーは認めるべきだと思う。

スポンサー契約をしてるメーカーが負けを認めて他社製品を使うことを許可するケースは意外とある。

メーカーラベルやデザインをカモフラージュして選手が使う。

モータースポーツでは、エンジンオイルが有名。

自社のオイルを使うと壊れてしまうとか、調子が悪いというデータが取れた場合容器だけ自社のものを使って中身は他社だったりする。

自転車のレースでの機材は、メーカー名グレードロゴなどはすべて黒塗りにして使用する。

陸上競技ではスポンサーが機材供給する部分が少ないので、モータースポーツなどと比較するのは無謀だが、NIKEにできたことができないのは『敗北』以外の何物でもない。
機材の敗北を認めても『勝つ』ことによる宣伝効果をとるのがスポンサー企業の選択だと思う。

アシックスがスポンサーの選手がNIKEで勝った!なんて、これほどインパクトのある売名はない。
そのあとのレースで自社の靴でNIKEを超えればさらに宣伝効果は上がる。
損をして得をとれ!

選手の体を守れるのもヴェイパーフライなんじゃないのか?

速さや記録だけでヴェイパーフライを規制していいのだろうか?

厚底シューズで選手の足への負担が減っているのは事実。
つまり、膝への負担が少ないことによる故障する確率が減るのではないのか?

まずは選手の体を守ってほしいと思う。

ランナー

技術革新を止めてほしくない

機材スポーツの中で陸上や水泳は機材に頼ることが最も低い競技だと思う。
ゆえに機材の技術革新は必要だ。

それを止めるというなら、全員裸足で走るべきだし、水着だって素材は『綿』でやることになる。

陸上のスパイクシューズでタイムは縮まってるはず。
水泳のキャップだってあの小さなものでタイムは縮まっている。

使用機材が少ないからこそ人の力を最大限アシストできる機材の開発が必要なのではないのか?

選手の体を壊すほどの技術革新は規制すべき

例えば、ヴェイパーフライを履いて靴の性能によって足がどんどん前に出ることになると選手の心拍には負担がかかる。
足が機材によってアシストされれば、選手の心拍ペースを超えた動きになると思う。

実際にアマチュアがヴェイパーフライを履くと『心拍が追い付かない』ということもあるそうだ。

これが限界に達して、本当に危険な領域であれば絶対に規制すべきだとおもう。

だが、今回の箱根駅伝の区間タイム『10区間中7区間で区間新』というのを見ても、選手がヴェイパーフライに適応できていると思う。

過去の選手の記録と機材有利な記録では比較できない?

陸上競技において靴の進化が今までなかったのか?
水泳競技で水着の進化はなかったのか?
テニスラケットはいまだに木で出来ていて、バドミントンラケットはいまだにスチールパイプなのか?

技術の進化で記録は伸び続けている。

ヴェイパーフライの場合、とびぬけて記録が伸びたに過ぎない。

来年は今年の記録が標準になるだけだ。
過去の記録は過去でしかない。

その時代その時のイコールコンディションは必要だが、過去とのイコールコンディションなどありえない。

経済格差による不公平感

国際陸連が統括している競技にたかが3万円ちょっとの靴が買えない選手がいるのか?
その機材を使って勝てるなら30万円でも300万円でも買って出るべきだ。

経済格差で買えないという時点で勝負に負けている。

そもそもトレーニングで経済格差は明らかだ。
それでも速い選手は勝つ。

先進国の選手の練習環境と、アフリカ勢の途上国の練習環境は経済格差の中に入らないのか?
まったくばかばかしい。

Amazon | [ナイキ] ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト メンズ ランニング シューズ ZoomX Vaporfly NEXT% Pink Blast AO4568-600 [並行輸入品] | NIKE(ナイキ) | ランニング
ZoomX ヴェーパーフライ ネクスト メンズ ランニング シューズ ZoomX Vaporfly NEXT% Pink Blast AO4568-600 がランニングストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

機材の進化を止めるのは本末転倒だ。
人間の能力を引き出すならどんどん引き出そうじゃないか。
機材の進化と人間の進化が同期することで、誰も想像できなかったことがおこる。

箱根での区間新、フルマラソンで2時間を切るなんて10年前にはそんなのが目標だっただろ?
3万円でそれが手に入ったんだ。

規制なんてするんじゃなくて、他メーカーがNIKEを超え選手の体をもっと保護できる夢のピョンピョンシューズを作ればいい。

機材だけ進化しても使うのは生身の人間だから、体にアシストモーターを埋め込んでフルマラソンを1時間切るなんてことは絶対に無理なんだ。
記録は目標。
それを打ち破る方法があるのなら貪欲に掴み取れ!

コメント