【在宅ワークに最適な環境】 腰痛になりにくいバケットシートタイプがおすすめ

スポンサーリンク

在宅ワークの方がかなり増えてきています。
「会社の座りなれたイスだと腰が痛くないのに家で座ってるイスだと腰が痛い」って悩みをお持ちじゃないですか?

私はレカロのシートを使っています。
6時間は連続して座っていても腰が痛くなることはないです。
「腰痛に悩むトラックドライバーのための腰痛になりにくいシートを作る」メーカーらしく本当に腰が痛くなりません

レカロ SPG 最高です。

自動車用のバケットシートなので、オリジナルの加工をして使っています。
自動車用を加工することはなかなかできないでしょうけど、似た構造のゲーミングチェアがおすすめです。

【腰が痛くならないシートとはどういったものか】を解説します。

スポンサーリンク

椅子に座っていて腰が痛くなる原因

整体師でも医者でもない私なので、あくまでも私感ということをご理解ください。

腰が痛くなる主な原因は、肥満であったり運動不足だったり、筋力の低下で体を支える力が弱っていたりとたくさんの要素があります。

特に姿勢が悪い状態で同じ体勢を続けていると腰への負担が大きくなります。
これを防ぐのには時々椅子から立ち上がって体を動かすことしかありません。

会社の椅子では痛くならないのに、自宅の座りなれていないイスに長時間座っていると腰が痛くなるのはその椅子に対しての姿勢ができていないからだと思います。

人間って順応する生き物なので、長時間座っているイスだと、腰が痛くならない姿勢を自然とやってるんです。

会社で普段使っている椅子を自宅に宅配する会社が出てきているそうです。
自宅の椅子だと腰が痛くなってしまうという社員の声から宅配ということになったらしいです。

在宅勤務が快適にできれば、会社としても社員にもメリットしかないですね。

腰が痛くならないイスとはどういったタイプなのか?

RECARO-SPG
RECARO-SPG

私のレカロは腰が痛くなりません。
仕事が自動車整備なので、椅子に座っている習慣がなく「椅子に座って良い子している」ことはできません。

事務用の一般的な椅子に座っているとモゾモゾと体を時々動かさないと落ち着きません。
しかも座りなれていないので浅く座ってしまって姿勢が悪くなります。
30分くらいが限界ですね。

ところが、このところの外出自粛でレカロに座っている時間が長くなっているのですが、腰に全く違和感がないんです。
「なんで?」と思って少し考えてみました。

フルバケットシートだから体が動かない
ショルダーがあるから肩もホールドしてくれる。
座面の形状から浅く座らずに深く腰をシートに入れている
背中を丸く包み込んでくれるシート形状

このようなことが考えられます。

体が動かない
窮屈に思われますか?

確かに窮屈かもしれませんね。
でも私はフルバケっとシートに座りなれてるので全く感じません。
シートの中に体を入れて力を抜いても体勢が変わらないので楽です。

ショルダーで肩の動きを邪魔しないのか?

確かに邪魔なのかもしれませんが、上半身をショルダーで固定してくれるのでシートの中で動かないから楽です。
キーボードやマウスの操作って肩を動かすことはないですよね。
体が左右にブレずまっすぐ椅子に対して座れるのはショルダーのおかげかなと思います。

座面の形状

フルバケットシートで浅く座るのはかなり難しいんですよね(笑)
座った方ならわかると思うのですが、浅く座るほうが困難なんです。
太ももの位置にパッドがあるのも浅く座ることができないことにつながるんでしょうね。

背中を包み込むシート形状

デスクチェアーって腰の位置が抜けていて、座面と背もたれしかないですよね。
背もたれは上半身が後ろに倒れないようにするためでしかありません。
背中部分と座面が一体になっているようなシートは腰から背中までの広い面積で体をささえてくれます。
シートに包まれている感覚があるので、安心して体全体をシートに預けることができるわけです。

体全体を包み込むレカロ
肩をささえ背中を包み込む構造

とは言っても、レカロのSPGですから在宅ワーク用に作られたものではなく自動車のドライビング用として作られているものです。
PC作業に最適かというとそうではありません。

デスクワークように作られた椅子の方がもっと性能はいいと思います。

在宅ワークで腰を痛めないように

これからも在宅ワークの解除がすぐにできるとは思えません。
まだしばらく続くと思います。

ひょっとすると、在宅ワークをこれからも会社が選択するかもしれませんね。

腰痛はつらいです。
いちど腰痛になってしまうと、それが癖のようになって治ってもまたすぐに症状が出てしまうことになります。

適度な運動と、姿勢を意識してできる限り腰痛防止に努める必要があります。

ゲーミングチェアに座ってみた

ホームセンターに行ったついでにイスも見てきました。

レカロよりもいい椅子があるんじゃないかと思ったわけです(笑)
結論としてはレカロの方がいいということになったんですが、ゲーミングチェアってメッチャいいですね。

レカロのフルバケはクッション材が最低限のものしか入ってないので、慣れないと(私は慣れている)お尻が痛くなります。

しかし、ゲーミングチェアは適度なクッション材とその硬さでお尻が痛くなることはなさそうです。
しかも、形状が自動車用で言うところのセミバケットシートと同じなのでホールド感もバツグンです。

レカロにはないひじ掛けまでついているし・・・。
「これなら一日中座っていられるな」って思いました。

価格も3万円くらいなので安いですよね。

腰痛になるくらいなら良い椅子に座った方がいいです。
自己投資ですね(笑)

まとめ

腰痛にならないために

イスに座っているときの姿勢に気を付ける
筋力を落とさないようにする
思い切ってイスを変えてみる

こういったことが必要だと思います。

私はレカロがダメになるまでは使い続けますが、ゲーミングチェアなどデスクワークに特化したものを使って体を気遣ってあげましょう。
まだ在宅ワークは続くと思われます。

体に気を付けてこの難局を乗り切りましょう。

コメント