ブログ初心者が20記事でグーグル・アドセンス審査に合格

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグル・アドセンス審査合格までの5日間

こんなブログでは合格できないと思ってたグーグル・アドセンスの審査に合格しました。

審査申請からの5日間はドキドキの毎日で、メールチェックの頻度がかなり多かったですね。

虎の巻のないグーグル・アドセンスの情報はたくさんあります。
正解はどこにも書いてありません。

多くの情報はできる限り見て、自分なりに解釈するしかありません。

合格してわかった結論は、グーグルアドセンスのヘルプページの内容を守ればいいということだと感じました。

ヘルプでは抽象的でわかりにくい言葉も多いので、それをわかりやすくしてくださってるのが多くのブログ記事です。

守るべきことはヘルプにあって、それ以外のことはしない。

試験ではなく審査なので『審査』の本質を考えて記事を作るだけです。

合格前は難しそうだと思ってましたが、誰でも合格することができます。

https://support.google.com/adsense/answer/7299563?hl=ja&ref_topic=1319756&visit_id=637113610275347946-1813055278&rd=1

申請日は 2019年 12月2日

このブログのスタートは11月18日からです。

Livedoorブログをやってたんですが、HTTPSへの移行ができないことから思い切ってWardPressではじめました。

まるで文章力がない状態でしたが申請時のブログ記事は19記事です。

もう少し記事数が増えてからとか、アクセスが増えてからと思ってましたが一度で合格するはずもないだろうしその場合、修正記事が多いことで何が悪いのかがわからなくなると考えました。
少ないほうが修正する記事も少ないだろうと思ったわけです。

ネットの情報では4記事とかでも合格してるケースもあるみたいだし落とされるなら早いほうが良いです。

独自ドメインを取ってバックボーンのないブログなんてページビューは毎日ゼロ更新です。

たまに1PVとかある程度で、毎日がゼロでした。

PVは関係ないとのことなので思い切って12月2日に申請しました。

申請にあたって『プライバシーポリシー』『記事の一覧 サイトマップ』『お問合せフォーム』は作ってます。
この3つは絶対に必要です。

グーグル・アナリティクスとサーチコンソールもWardPress導入時に設定しておきました。
必要ないという記事もありましたが、導入して審査に通らないということはないのでできることはすべてやったということです。

まずはアクセスが有るというよりもグーグルにブログの存在を認識してもらわなければなりません。

アドレスの前に site: を加えて検索して、検索結果にブログが有ることを確認しました。

申請後の翌日からやったこと。

文章力がまるでない初心者です。

いい文章でPVを稼ぎながら投稿できればと思って努力してみたのですが、すぐに文章力が上がるはずもないので気にするのはやめてとにかく書くことに集中しました。

つたない文章でもそれなりに分かってもらいやすいだろうという言葉を選んで毎日更新をしてます。

申請後も手を抜くことなく更新することでグーグル側に『やる気』をアピールしたつもりです。

申請後の12月2日から毎日更新して5記事を積み上げてます。

文字数は色々言われてますね。

800文字程度の記事でも合格したとか、1.000文字以上無いとダメだとか。

文字数に関してはブログを始めたときから気にしてはいませんが、書いた結果最低でも1記事1.500文字から3.000文字は書いてます。

6.000文字を超えるものも1記事上げました。

情報を伝えようとすると、どうしても1.500文字は超えてしまいます。

もっと文章力が上がって、簡潔に書けるようになるためのステップだと思っています。

日記系の記事を削除

グーグルアドセンスの合否に関しては情報が多いのも事実ですが、正しい情報は一体何なんだろうと思いました。

記事数、文字数、申請してから合否の判定までの期間など全てマチマチです。

正解はないと思いますが、やらない方がいいと思われることははじめに排除したほうがいいと思います。

日記系のブログは記事数と文字数を稼ぐだけで意味がないと感じたので2記事ほど削除しました。

読んでくださる方にとっては私の行動などには興味があるはずもないです。

ユーチューブ動画も1件記事の中に入れましたがこれも入れないほうが良かったかなと思いながら不合格ならはじめに削除するつもりでリンクを入れ、その他の記事に関しても企業のHPへのリンクを入れてあります。

内部リンクができるように記事も上げました。

画像はオリジナルのものを入れる

記事内の画像はオリジナルのものを入れるようにしました。

フリー素材も入れてありますが、できる限りオリジナルの画像を使うようにしてます。

幸いメンテナンス系の記事が多いので画像は豊富に用意できます。

おそらくこういうのも判断の基準にはなると思います。

文字だけの記事よりも画像を入れるとか、吹き出しやアンダーラインなどの装飾は有効だと思います。

ただし、主役は記事なのでそれを潰さないような使い方が必要なのは言うまでもありません。

参考にした記事のコピペはやりませんでした。
できる限り言葉を自分なりに変えて記事にしています。

どうしても引用しないといけない場合は『○○から引用』と表記して使ってます。

一度で受かるはずがないという気持ちで

初めてドメインとって 初めてのWardPressで、つたない文章でグーグルアドセンスに合格できるとははじめから思ってません。

合格した方のブログを読んでも私の記事なんてゴミのようなものです。

まるでレベルが違う中に私が入れるはずもなく、グーグルの審査も厳しくなってる中で無理だろうと諦めてる気持ちが80%です。

ただ、ブログを始めるにあたっての第一目標はアドセンスに合格することだったので記事自体を書くときもそれだけは意識して書いてます。

それには、人に文字で伝えることだと思ってます。

ヘタなりに全力で書き上げた記事に対して20%は合格するだろうと期待はしてました。

普段PVのない過去記事にもPVがあった朝

朝ブログを確認すると過去記事から昨日までの記事のすべてにPVがついてました。

『ひょっとしてGoogleが見に来たか?』と。

1週間位までの記事なら何人か見に来てる方がいるのはあるんですが、初めて上げた記事までPVがついてました。

合格の通知はその日の昼です。

確信はないですが、Googleの担当者が見てくれたんじゃないかと思います(笑)

まとめ

記事数は関係ないと言われてますが、私のように記事を書くことになれてない方は10~15記事はあったほうがいいんじゃないかと思います。(質より量)

引用記事はきちんと引用したことを告げたほうが良い。

画像は必ずオリジナルのものを。

内部リンクできる記事を数記事書く。

日記系の記事や役に立たない記事は削除しておいたほうが、不合格になったときの対処がしやすい。(どっちみち役に立たない)

批判記事などは書かない。

下手でも良いから自分の言葉で伝えようとする努力をする。

私が合格して思ったことは、常識のように言われてますが『役に立つことを書く気持ち』だと思います。

それが初心者向けであろうとプロ向けであろうと、読んで役に立つ人が一人いればその記事は生きた記事になると思います。

それを数記事書き上げてアドセンス審査に出せば必ず合格できると思います。

これからが本当にブログの難しさを感じることになります

最後に、アドセンスに合格するのがゴールではなくスタートラインがアドセンス合格の日です。

アドセンスに合格しても人が集まらなければ意味がありません。

役に立つ記事が書けなければ人も集まりません。

たった2週間でブロガーになれるとは思ってないので、これから勉強して『どんな記事を書けば喜んでもらえるのか?役に立つのか』『どういう言葉と文章なら伝わるのか』を勉強しながら更新していかなければいけません。

アドセンスを目指してる方がこれを読んでくれたとしたらお互いに頑張りましょう。

私でも合格したんだから難しくはないはずです。

難しいのは合格してからなので、ここからまた新しいスタートラインに立って進んでいきましょう。


アマゾン・アソシエイト合格記事はこちら


コメント