初心者でもできるエンジンオイル交換&オイルフィルター交換

スポンサーリンク

整備士になって初めて本格的にさせてもらえる作業がオイル交換だったと思います(遠い記憶)
初めは洗車しかさせてもらえませんから(笑)
洗車はできますよね?
つぎはオイル交換に挑戦です。

オイル交換の手順の記事です。
作業に慣れてる方には必要ないと思いますので読むのは退屈だと思われます(笑)
中学生のころ、バイクのオイル交換をさせてもらって一人前の整備士になったかのような気持ちになりました(笑)
それがこの記事を書こうと思ったきっかけです。

スポンサーリンク

初心者でもできるエンジンオイル交換

エンジンオイル交換は難しくありません。
難しいのは廃油の処理だと思いますが、最近では燃えるゴミで出せるような廃油受けをホームセンターなどで売ってるのでそれを使えば廃油処理はご家庭でできます。

初心者でもできる手順をご紹介しましょう

古いエンジンオイルを抜く

ガソリンスタンドなどではオイルレベルゲージよりポンプで抜くいわゆる『上抜き』をしています。

この方法は『オイルパン(オイルをためておくお皿)にたまったスラッジなど(エンジン内部から出る金属粉)が抜けないからよくない』と言われていました。
そんなことはないのでスタンドで上抜きをされてる方は安心してください。
今の車でスラッジが大量に出るエンジンなどはありません。

スタンドで上抜きをする理由は作業時間の短縮と、作業ミスの軽減です。
上抜きは作業工程が省略できるのでミスが減ります。
これがスタンドで上抜きをやる一番の理由です。

始めましょう。

車の下にもぐる必要があるのでジャッキアップします。
ジャッキアップしなくてもオイルパンのドレンボルト(オイルを抜くためのボルト)に工具をかけることができればそのままやりましょう。(その方が安全に作業できます)

必ず輪止めやサイドブレーキを確認して車が絶対に動かないようにしてください。
また、車の下で作業してるときにご家族の誰かが車を動かすようなことがないようにカギは抜いておきましょう

ジャッキアップした場合は、リジッドラックというものを車の下に入れるか、ホイール付きのタイヤをドアの下あたりに入れて作業します。
万が一ジャッキが外れて車が落ちてきても下敷きになることを避けることができます。
タイヤがついていれば下敷きになることはありませんが、車が落ちてきた衝撃であばら骨を折ることがあります。
必ずリジッドラックかホイール付きタイヤを車の下に入れて作業してください。

オイルを抜く前にオイルを入れる部分のキャップを外します。

エンジンルームから、エンジンの上部にオイルを入れるキャップがあるのでまずはゆるめてください。

初めにこれをやることがポイントです。

オイルを抜いてから入れる場所がわからないとか、キャップが固くしまってて緩めることができないということになると、オイルが入ってないので動かすことができなくなります。
まずはオイルが入れれる状態にしてオイルを抜く作業に入りましょう。

オイルパンのドレンボルトを緩める

ドレンボルトに関する作業ミスがいちばん多いです。
しっかり確認しながらやりましょう。
ボルトは斜めに入れないように手でオイルパンに当たるまで回しましょう

廃油受けを用意して廃油を受ける準備をしてください。

作業するときは工具と、ウエスを持ってもぐるといいですよ。
必ず手が汚れます。
手から滴り落ちるオイルで回りを汚すのでウエスは常に持って作業します。

ドレンボルトを抜くと勢いよくオイルが出てきます。
廃油受けはドレンボルトの真下ではなく少し斜め下方向がいいと思います。

ボルトを抜くとオイルが勢いよく出てきます。
出なくなるまでそのまま放置します。

ポタポタと垂れる程度まで抜ければ十分なのでドレンボルトを取り付けましょう。
『出なくなるまで』とかやっちゃうと一晩放置とかになるので時間の無駄です。
中には一晩放置する方もいますが、オイルを抜いてることを忘れてエンジンをかけることがあるかもしれませんのでやってはダメです。(冗談のようですけどあるんですよ)

ドレンボルトには漏れ止めのためのパッキンがついています。
オイルを抜くときに、落とすことがよくあるので気を付けてください。
ボルト側になくても、オイルパンの方にくっついてる場合もあるので注意して見てください。

ドレンボルトを締めたらオイルエレメントを換えます。

オイルエレメントを交換する

オイルエレメントのサイズに合うエレメントカップを用意します

これはエレメントのサイズに合うものをホームセンターなどで買って用意してください。

オイルエレメントサイズによって違います。
国産車であれば 65φ(65㎜)か68φ(68㎜)のどちらかだと思います。

カップを使ってオイルエレメントを緩めます。
緩めるとオイルが出るのでオイル受けで受けます。
オイルが出なくなったら緩めて外しましょう。
上向きについてる場合、オイルエレメント内のオイルが傾けると出るのでオイル受けに流しましょう。

オイルエレメントを取り付ける

取り外したオイルエレメントにゴムのゴムパッキン(Oリング)が着いてることを確認します。
ゴムパッキンがエンジン側に残ってることがあります。

気が付かずに新しいものを取り付けるとWパッキンでオイル漏れが必ずおこります。
エンジンを壊す原因になるので十分に気を付けてください。

パッキンの取り付け面をウエスできれいにして、新しいオイルエレメントを取り付けます。

新しいオイルエレメントのゴムパッキンに薄くエンジンオイルを塗ってください。
締め付けたときにねじれないようにするためです。

オイルエレメントを手で取り付けます。
ゴムパッキンがエンジン側に接触するまで軽く回るはずです。

パッキンが接触してから3/4回転締めます。

オイルエレメントの横に数字で1234とかアルファベットでABCDとか書いてあるはずです。
見えてる記号の位置の一つ手前の記号まで締めれば3/4回転です。

オイルを入れる

ドレンボルトも締め付け、オイルエレメントも取り付ければいよいよオイルを入れましょう。
オイル注入口をはじめに外してますよね。

軽自動車ならまずは2.5Lのオイルを、普通車なら3Lのオイルを入れます。
入れ終わったらキャップを絞めてエンジンをかけます。

エンジンの回転は上げないでください。(アイドリングです)

アイドリングで30秒放置します。
メーター内のオイル警告灯が点灯してないことを確認してエンジンを止めます。

オイルレベルゲージを抜いてウエスで拭きます。
黄色い取っ手のものがエンジンに刺さってます。

抜いてウエスで拭いてまた同じようにエンジンにさして抜きます。
先端にオイルがついてくるのでそれで量を見ましょう。

LOW とHI のマークまたは ・ と ・ が先端にあるので上側までオイルが付着していればOKです。
このLOWとHIはオイル量1Lなので、半分くらい足りないようであれば0.5L補充します。

量が確認出来たら、レベルゲージを元に戻して再度エンジンをかけましょう。
オイル漏れを確認します。

オイル漏れの確認

オイルエレメントの締め付けが悪いなどがあるとオイル漏れを起こします。
エンジンを壊す原因になるので必ず確認しましょう。

そのままオイルエレメントの取り付け部分を確認してください。
オイルが漏れてなければ完成です。

万が一漏れてる場合はもう一度オイルエレメントの締め付けを確認するなどの作業が必要ですが、きちんと取り付けていれば漏れることはありません。
漏れるときはかなりの勢いで漏れるのですぐにわかると思います。

作業した部分を最終確認

これが大切な作業ですから手抜きをしないように。

  1. ドレンボルトを絞めた。
  2. オイルエレメントを絞めて漏れを確認した。
  3. オイル注入口を絞めた。
  4. オイル量をレベルゲージで確認して取り付けた。

以上を確認できたら完成です。

文字で書きおこすと非常に長く複雑に思われるかもしれませんが、作業は非常に簡単です。
車の下にもぐることができれば女性でもできます。

いちばん大切なことは確認です。
それができない整備士もたくさんいます。
『確認』できたあなたは整備士になる素質十分ですよ。

コメント