オートハイビームは思い通りに切り替わらない 対向車に注意

スポンサーリンク

オートハイビーム搭載車両に乗っておられるユーザーは市街地で使ってないですよね?

最近の車両に取り付けられている【オートハイビーム】は、センサーの精度が未完成なので手動で切り替えた方がいいです。

スポンサーリンク

オートハイビームを利用しないほうがいい理由を解説

オートハイビームは主にLEDライトの車両に装備されています。
LEDヘッドライトの特性は指向性のある光線だということです。

つまり、矢のようにまっすぐに光が伸びるんです。(横方向に散らない)

これが目の網膜に直接刺さるように照射するからとにかくまぶしい。
新車などは光軸がきちんと合わせられてないものが多く、ロービームですらハイビームのごとく目に刺さるように照らします。

よく信号待ちでまぶしい思いをしたことはないですか?
LEDライトは指向性のある光線だということをLED装備車に乗ってる方は認識しておくべきです。

それとメーカーは、新車のいい加減な光軸調整を何とかしてほしい。

道路交通法では走行灯はハイビーム

道路交通法 第52条

(第1項)「車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間)道路にあるときは、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない」

(第2項)「車両等が、夜間、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない」

つまり、夜間に単独で前方に歩行者や同一方向に進行する車、自転車や対向車などがいない場合はハイビーム(走行灯)で走らなければならないわけです。

一方、それ以外の場合の自転車・歩行者・対向車・同一方向に進行する車がいる場合はロービーム(すれ違い灯)にしなければならない。

問題はセンサーの精度と取り付け位置

昭和の時代にもオートハイビームはありました。

ヘッドライトの下のバンパー部分に、受光部を取り付けて対向車のライトを検知してロービームに切り替えるというものです。
今のオートハイビームと原理は何ら変わりません。
このセンサーがいい加減なので、対向車が来ても切り替えるどころかそのままハイビームですれ違うこともあったんです。

これでは全く使い物にならない。

今の車両は、おそらくフロントガラスに取り付けてある自動ブレーキのカメラで対向車の存在をみて、バンパーやフロントグリルにあるミリ波レーダーで歩行者や自転車を監視してると思われます。
フロントガラス上部のカメラが対向車の光量を感知するまでにはお互いの距離が近すぎるわけです。

相手がハイビームのままなら大丈夫かもしれませんが、相手がロービームだと直近の路面を照らしてるのでガラス上部のカメラが感知するまでに距離が縮まります。

これでは切り替わるまで対向車はハイビームを浴び続けることになります。
はっきり言って1秒間LEDライト見てたら何も見えなくなりますよ。

トヨタや輸入車が採用してる アダプティブハイビーム

センサーの精度を上げると、切り替えるのが早すぎて意味が無いのかもしれないと考えたメーカーは『対向車の周りを照らさなければいい』と考えたわけです。

これがトヨタで言う【 アダプティブハイビーム 】です。

ハイビームだけで走行できる機能で、これなら照らしてはいけない部分は照らさず照らしたいところを重点的に照らすことができます。

LEDヘッドライトは多くのLEDを使って一つのヘッドライトを形成しています。
そのバルブ一つ一つをコントロールして、点灯させる場所とさせない場所を作ることにより上記の図のようなことができます。

これだとロービームで走るより安全性が高まります。

すれ違い灯で照らせない場所を常に照らしてることから、前走車やすれ違う車の横が照らされることによって予測運転ができます。
今までは、前走車の明かりや対向車が照らしてくれた部分で前や左右を予測できる状態だったのが アダプティブハイビーム なら自車のライトでそれができます。

機能に慣れてしまうことは劣化である

オートハイビームが他車に対して迷惑をかけている認識のないドライバーは、手動で切り替える術すら知らなくなります。
なので、手動で操作ができることを前提としたオートハイビームの機能を使う必要があります。

街中を走行するときにオートハイビームにする必要はないですよね。
常に対向車や前走車、歩行者自転車がいる場所でオートである必要はありません。

長距離移動するときの山道を走るときなど、対向車などが少ないと判断できた場所で使うべきです。

その機能に頼って慣れてしまうことは劣化してるといえます。
使うべき場所と使ってはダメな場所を考えて運転者が判断するべきです。
まだ自動車の機能で完璧なものはありません。
【自動】という概念よりも人の【判断】の方が正しいことの方がまだ多いんです。

まとめ

ハイビームで走っててトラブルになることがあります。
相手からしたら煽られてると勘違いすることもよくある話です。

オートハイビームはそういった状況を誘発します。

市街地で使うことは避けましょう。
手動で切り替えることが基本となります。

トラブルにならないためにオートハイビームの欠点を理解したうえで適切に使うようにしてください。

コメント